傍目八目

日々の思いをつらつらと

心遣いを感じるとき

六花亭のカフェで、お茶。

六花亭は全国的に知られるようになっているようですが、会社の製品に対する努力や広告宣伝のセンスもあるかなと。

昨年はNHKの朝ドラで取り上げられたこともあるのか、

観光でこちらに来られた人は、必ず六花亭の紙袋を下げている。

紙袋に描かれている植物画は、坂本龍馬の末裔の坂本直行さんのもの。

 


f:id:enaena38:20200922114144j:image

 


f:id:enaena38:20200922114201j:image

マロンパイ。

期間限定で、カフェのみでの提供のようだけれど、注文すると、出てくるまで、少し時間がかかる。

 

注文を受けてから焼くとか。

 

いざ、テーブルに運ばれてくると、プーンとバターの香りが。

ナイフを入れると、サックサクのパイ生地。

蜜漬けの大きな栗がゴロンと入っている。

 

温かく、バターと栗の香りに包まれながら、幸せ気分に。

 

美味しい!!

とっても。

 

 

お客様に、出来立ての美味しさを味わってほしいという、心遣いが伝わる。

 

また、来たい、また、これは、食べたい!

 

心遣いは、リピーターを生む。

 

お彼岸なので、お墓参り。

 


f:id:enaena38:20200922120747j:image

 

北海道最大の敷地面積を有する霊園に、

モアイ像が。

 

見慣れた光景で、今はインスタ映えすると、写真だけを撮りにくる人も多く。

 

モアイのモ➡未来、アイ➡生きる

 

その意味から、霊園にモアイ像らしい。

イースター島とは何の関係もない。

 

きれいに整備されて、清掃もきっちりなされている霊園なので、イメージが明るい。

 

行楽半分の人も多い。

 


f:id:enaena38:20200922121224j:image

 


f:id:enaena38:20200922121309j:image

 

高さが6.5メートル、大きなものは9メートルあるという。

 

モアイ像にもマスク。

クレーンにでも乗って、マスクを付けたのだろうか。

 

これも一種の心遣い。

未来も生きようよとのメッセージで建てたモアイ像だから、新型ウィルスにやられてしまわないように、マスクをしましょう。

 

 

大きな大仏様もある。鎌倉の大仏さまとだいたい同じ大きさ。13.5メートル。

 

大仏殿は建築家の安藤忠雄氏の設計デザインとか。

やはり、すご

いなぁ!と、圧倒される。

 


f:id:enaena38:20200922121916j:image

 


f:id:enaena38:20200922121951j:image

 

 

敷地面積は、東京ドームが、38個入る、

180万平方メートル。

 

 

歩いて、歩いて、社殿には、こじんまりとした、カフェが。

 

パスタとコーヒーで。

味の割りには、お安い。

1人千円ちょっと。

 

安藤忠雄さんデザインの社殿のグッズも販売されている。

 

 

車を使ったので、

 

歩数は1万歩をちょっと切ったけれど、

 

昨日、今日と、午前中に、けっこう健康的に歩いている。