傍目八目

日々の思いをつらつらと

違和感が・・・


f:id:enaena38:20200723163346j:image

 

「違和感がありましてね、、」

「どう言いましょうか、その時、違和感がありました。」

 

 

違和感は、その人が理由などをはっきりと言葉には出来ないけれど、何かすっきり受け入れられない時に使う言葉のようです。

 

私は、この違和感は、大切にするべきだと考えています。

対象は人間の場合も、環境の場合も、放たれた言葉の場合もあります。

何かのイベントで使う音楽を選ぶ場合も、違和感のない作品を選んでというように、あらゆる場面で、違和感が登場します。

 

違和感がある場合は、やめたほうがよい、

違和感を強く感じる人とは、密接にならないほうがよい、

 

研ぎ澄まされた感性の持ち主でなくても、

自分にとって、あまり良い影響を与えない、もしかしたら、悪い影響しか与えない人もいるはずです、それは相性のようなものでしょうが。

 

違和感は、それぞれの人、それぞれの感じ方ですが、

 

さても、違和感がある場合は注意しましょう。

 

と、私は祖父に教えられたのですが。

最近になって、なるほどと、強く納得しました。違和感の本質を。

 

 


f:id:enaena38:20200723164612j:image

 


f:id:enaena38:20200723164642j:image

 


f:id:enaena38:20200723164738j:image

 

今日は1日ぐずぐず天気で、のんびり起きて、

ゆっくり洗濯、お昼近くに食事、冷凍うどんを茹でて、トマトやキュウリ、納豆、ゴマ、大根おろしなどをのせて、ストレートつゆをかけて食べる。

みんな出掛けて1人なので、ぐうたら過ごしていたら、読書好きの仲間が夫婦で訪れて、写真を撮らせてほしいとか。ちょっぴり私のファンらしく。

 

でも写真を撮られるって、かなりシンドイことだと知ってしまった。彼(趣味で写真を続けているらしく、過去に賞などもとったことはあるらしいオジサン。職場の人)は、写真上手で仲間内ではカメラマン。結婚式などあると、お願いしたりする。ソファで、ダイニングルームで、小雨降るテラスで、、何枚も何枚も。

 

部屋着のワンピーススタイルで、水着スタイルで。笑いたくないのに笑ってとか、もう少し足を上げてみてとか、おいおい、まさか脱げなんて言ったら、承知しないわよ!!

奥様は、そばにいて、ニコニコ笑ってらっしゃる。不思議夫婦です。

 

夫が、きれい!!肌すごい、きれい!

いい体してるな、、

 

そんなことを口走りながら、パチパチ。

奥様として、平気なんだなぁと。

 

ギリギリ脱がずに、沢山撮って、パソコンで見せてもらったら、あら、なかなかいい!

 

おばあちゃんになった時に、記念になるかもと。

 

パソコン眺めていたら、家族が1人、1人帰宅してきて、

 

蒸し暑かったようで。姪は雨にあたったからとシャワーを。

 

小雨、小糠雨、霧雨みたいな雨の日は、湿度が高くなるのかもしれない。

 

カメラ好きの旦那様だと、奥様の写真をいつも撮られますか?と訊きましたら、まったく撮らないとか。

 

そんなものなのかなと、意外でしたが。