傍目八目

日々の思いをつらつらと

美味しい話


f:id:enaena38:20191216144846j:image

 

美味しい話を画像無しで、出来るか?

お料理話をイラストも写真も無しで出来るか?

 

今は、お料理も動画でブログにのせている人も増えてきて、クックパッドを見たり、ネット上を探すと、何かを作りたいとなっても困ることがなくなった。

 

私自身もお料理本を沢山持っていても開くことがなくなった。

ちょっと作り方に不安があるお料理も、ネット上を探すと動画なり、ブログなりですぐ見つけられて。便利になったと思っている。

 

そこで、画像もイラストも無しで、美味しいを伝えられるかとの話。

 

そんなことで、今日は少し盛り上がった。

話が盛り上がった。

 

動画がなくても、写真の1枚くらいはなければ、、難しいよ、、美味しいを伝えられないわ、、伝わらないかな。

 

みなさん、文字だけでは無理との考えが強いようでしたが、私は、一般的な文学書や小説の中に、美味しいを表現したものも多く、文字だけでも充分、美味しいを表現できるし、読んで感じることも出来ると考えているのですが。

童話などでもあります、児童書にもありますね。お料理や美味しいを書いたものは。

 

⛄⛄⛄

 

雪が降ったり、雨が降ったりと忙しい気象が続いていますが、

 

コンデンスミルク=練乳、、、れん乳。

コンデンスミルク大好きで、我が家では、わずかですが、常備してあります。

 

イチゴにかける、トーストにぬる、オヤツコロッケに。

色々な場面で登場するコンデンスミルクですが、市販品ではなく、自家製です。

 

市販品があるのさえ、実は知りませんでした。

家で作るものとばかり思っていました。

牛乳に砂糖を加えて、じっくり煮詰めるだけですから、誰にでも出来ます。

 

牛乳が200㏄だと、出来上がりは約半量。

我が家は、たぶん、たぶんというのは私が作るのではなく、家族の私以外のものが、常に作ってストックしてあるので、

500㏄の牛乳に、150gramの砂糖を入れて作るようです。

砂糖をグラニュー糖にするか、白砂糖にするか、オリゴ糖にするかで、出来上がったコンデンスミルクの色味は違うようですが。

 

私が好きで得意なのは、オヤツコロッケでして、材料はじゃがいものみ。

皮をむき、適当な大きさに切りレンジでやわらかくして、マッシュ。

まん丸のボール型にしますが、その時に、真ん中にコンデンスミルクを。

小麦粉、溶き卵、パン粉とくぐらして、油でさっと揚げて、出来上がり。

 

何も付けずに頂きます。中に挟んだコンデンスミルクがトロリと良い仕事をしてくれまして、

 

 

オヤツコロッケ。

 

あくまでも、オヤツで食べます。残ったら、夜食や朝食にと思いますが、このコロッケ、

ジャガイモだけのコロッケは、20個作っても、30個作っても、残ることはありません。

 

幼稚園児から90代のお祖母ちゃんまで、ついつい手を伸ばして、

 

ほくほく顔です。

 

日本茶にも、紅茶にも、コーヒーにも、もちろん牛乳にも合います。

 

 

さあて、写真無し、イラスト無しで、

 

コンデンスミルクの美味しさ伝わったかな?