傍目八目

日々の思いをつらつらと

つらつらと


f:id:enaena38:20190829231013j:image


f:id:enaena38:20190829233817j:image

紫陽花も、もう終わりですね。

 


f:id:enaena38:20190829231103j:image

 

栗御飯を炊きましたが、栗御飯は栗だけを入れたものの方が美味しいですね。

いろいろ具を入れると、栗の香りも味も飛んでしまう。

 


f:id:enaena38:20190829231304j:image

 

頂き物の六花亭の冷ししるこ。

賞味期限が今日までで、あわてて食べました。

お団子が6個セットされていて、そのお団子が歯ごたえがあり美味しかった。

 

 

生活、身近な生活を謳った詩が多い石垣りんさん。定年退職まで銀行に勤めながら詩を書き続けた詩人ですが。

女性ならではの、日々の暮らし、平凡な暮らしの中に材をみつけています。

 

 

『くらし』   石垣りん

 

 食わずには生きてゆけない。

 メシを

 野菜を

 肉を

 空気を

 光を

 水を

 親を

 きょうだいを

 師を

 金もこころも

 食わずには生きてこれなかっ た。

 ふくれた腹をかかえ

 口をぬぐえば

 台所に散らばつている

 にんじんのしつぽ

 鳥の骨

 父のはらわた

 四十の日暮れ

 私の目にはじめてあふれる獣の涙

 

 

 あいまいではない、ビシッとした生きる厳しさを感じる詩です。

 

 


f:id:enaena38:20190829232256j:image

 

虫歯ではなく、疲れが歯にきていたようで、

歯医者さんは苦手なので、虫歯ではないと言われてほっとしましたが。

 

 

自分では意識していなくても、疲労している場合もあるようで。人間の身体は、敏感なものだなぁと、つくづく思い知らされました。

 

九州の雨台風の被害、ひどいですね。

気象が狂ってきているのでしょうが、、テレビで見ているだけでも、恐ろしくなります。

 

自然には逆らわず、荒れている時は外出しないようにしたいと思ってしまいました。

 

大雨はまだまだ日本列島を走るようです、、注意、注意・・・・・。