傍目八目

日々の思いをつらつらと

森雪之丞さんの詩、、いいなぁ!


f:id:enaena38:20190727233833j:image

 

 「迷うための地図」

きちんと辿り着くことより

なぜだか辿り着けない面白さを

本当はみんな知っているはず

 

徒歩15分の小学校へ

快速で1時間のオフィスへ

夢と涙を乗り継いで6年目の結婚へ

肺呼吸80年の天国へ

どうやって迷うか?

道草するか?

その企みが人生なら

 

さぁ意志を持って開くのだ

迷うための地図を

 

 

 

江國香織さんとの共著

「扉のかたちをした闇」より

 

 

森雪之丞さんの詩は、この本で初めて知ったのですが、とっても良い。

作詞作曲家として、リリースした楽曲は2400曲以上とか。

詩と楽曲の詞は少し趣が違います。

ヒットした曲の詞を見ると、詞が素晴らしいものが多く。

詞を書いてきた人の詩は、やはり、訴える力があるのではと。

 


f:id:enaena38:20190727235356j:image

 

やっとこの時間になって、風が出てきて涼しくなってきました。

一日中、ムシムシする暑さで、このような暑い日も、毎年1週間くらいですから、、

あと数日の辛抱。