傍目八目

日々の思いをつらつらと

夏休みもそろそろ終わる


f:id:enaena38:20180816195901j:image

お土産のクッキー、ダーラナホースが可愛い過ぎで、食べられない。

 

ずっと雨続きで、今年のお盆はじとじと湿気で、鬱陶しかった。

 

こちらは、小・中学校の夏休みは、そろそろ終わり、2学期が始まる。

夏休み後半にキャンプなどを予定していたご家庭では、雨で中止するしかなく、かわいそうなのは、子供達。

絵日記どうするの?  自由研究も海に行けないんじゃ、、、。

親達はぼやいていますが。

 


f:id:enaena38:20180816201047j:image


f:id:enaena38:20180816201105j:image

 

一気に読み終わりました。

黒人の奴隷の少女のお話、作り話ではなく、

実話、作者の自伝です。

1861年にこの作品が出版されましたが、自伝とは思われず、白人が書いた小説と思われ、いつしか忘れ去られていたそうですが、

出版されてから126年後に、作り話ではないことが解り、一躍注目されたそうです。

 

日本には紹介されていませんでしたが、翻訳された堀越ゆきさんが、新幹線の中で何かを読もうとKindleを眺めていて、この作品をみつけたとか。堀越ゆきさんは、作家でも翻訳家でもありません、コンサルティングの会社に勤める会社員です。

堀越ゆきさんの翻訳により日本で出版されたのは、この作品がアメリカで最初に出版されてから、はるか150年後のことです。

 

わずか12才、13才で、黒人であるというだけで、奴隷として売られます。

人間が人間を売買する、、想像だに出来ない話です。

 

女の子は、性的な奴隷であった場合も。

恐い話です。

人種差別、、今は無くなったようにみえますが、はたして、、、。

肌の色による差別、人種差別、生まれた国による差別、男女の差別、貧富の差別、、、

密かに存在しているように思います。

人間の心の問題でもあります。

 

この作品の主人公は、奴隷でありながら、

字を読めて、書くことが出来た、それで、この作品を書くことが出来た、それは、奇跡のようなものでしょう。

主人公は、自分の知恵と勇気と忍耐とで、

長い時をかけて、自由を手に入れます。

 

子供を産むことも出来ました。

 

娘さんに看取られて、静かに逝った作者、

安らかにと祈りますが。

 

多くの女性に読んでほしい作品です。

もちろん、男性にも読んでほしい。

人間が人間を売買する、虐げて、女を蔑視して。

こんな時代もあったのかと、言葉を失いますが、目をそらさずに、知っておくべきことと思います。良い本に出会えたと思います。

 

 


f:id:enaena38:20180816203110j:image