傍目八目

日々の思いをつらつらと

紫陽花




f:id:enaena38:20180810223042j:image

 

紫陽花は、案外タフ。

もう終わりかな、今年は終わりかなと

思っていると、なかなか枯れず。

 


f:id:enaena38:20180810223156j:image

 

ギリシャ語で紫陽花は『水の器』を意味するとか。

なんとなく、ぴったり!

 


f:id:enaena38:20180810223340j:image

 


f:id:enaena38:20180810223400j:image

 

紫陽花は、紫、ピンク、青紫、白、緑と、

にぎやかで。

土壌がアルカリ性、酸性で花の色が違うとか覚えていたけれど、

 

同じ場所に両方混ざって咲いていたりして。

 


f:id:enaena38:20180810223754j:image

 

小さな花弁が沢山集まってひとつの紫陽花に。

 


f:id:enaena38:20180810223941j:image

 

札幌は、8月は紫陽花が咲き乱れている。

 

どこかの公園では、白樺林に沿って紫陽花が沢山植えられているとか。

 

貴婦人のような白樺の林に、水の器の紫陽花。頭にイメージしただけでも、素晴らしいなぁと。

 

なかなかその公園まで足をのばすチャンスがなく。今年も行けずに紫陽花の季節は終わりそうで。

自宅の紫陽花で、満足しておこう。

 

特に手入れの必要もなく、年々花数が増えていくようで。

咲いてから長持ちもして、庭に植えるには最適な花かもしれない。