傍目八目

日々の思いをつらつらと

超短編


f:id:enaena38:20180724205237j:image


f:id:enaena38:20180724205252j:image

 

氏田雄介さんの「54字の物語」

昨年は「あたりまえポエム」で楽しませて頂きましたが、今年はなんと54文字で物語です。

 

9×6の原稿用紙を用意して書くのですね。

Twitterでも騒がれていて、急きょ、54字の物語を募集中のようです。

 


f:id:enaena38:20180724205649j:image


f:id:enaena38:20180724205705j:image


f:id:enaena38:20180724205732j:image

 

きちんと物語になっています。

これだけ短いと、あとは読み手がそれぞれ想像をふくらませてよね、ということでしょうか。

ちょっと私もはまってしまいました。

54字に納めるのが難しいようで、なかなか楽しく。

人が集まったところで、テーマを決めて、作ってみると非常に盛り上りました。

 

言葉を示さない分、想像の振幅が大きく。

長い文章は、読むにも書くにも時間がない人には出来そうで出来ない。

 

100文字、140文字は、すでに作っている人も多く、Twitterで小説などとして認知度も高く。

54文字、、メモやかろうじて詩ならば、なんとかなりそうで、ところが、物語ですから。

 

氏田雄介さん、次には何をしてくれるでしょうか。