傍目八目

日々の思いをつらつらと

室生犀星

栗ご飯 と 詩

栗だけを入れた栗御飯を炊きました。 やはり、栗だけが美味しい。 かまどさんで(内蓋付き土鍋)炊くと、火をつけて約15分で火を止め、蒸らし15分で炊き上がります。 おこげもあって、とっても美味しかった。 料理酒、塩、昆布醤油をそれぞれ少々入れて炊きま…

しがみつくように。

姫リンゴ。 葉は殆んど落ちて、実もおおかたは落ちて、それでも、しがみつくように熟れて濃い赤の実が沢山枝に残っている。 人の一生をも、匂わす光景で。 葉が生き生きとしている時期の姫リンゴの木には、やはり覇気があるように感じる。 まだ、街中には雪…