傍目八目

日々の思いをつらつらと

姫リンゴ

しがみつくように。

姫リンゴ。 葉は殆んど落ちて、実もおおかたは落ちて、それでも、しがみつくように熟れて濃い赤の実が沢山枝に残っている。 人の一生をも、匂わす光景で。 葉が生き生きとしている時期の姫リンゴの木には、やはり覇気があるように感じる。 まだ、街中には雪…

実のなる木、そして、サガン

実のなる木。花を楽しんで、さらに実がなると、食べることが出来たとしたら、一つの木で2度も3度も楽しめるということ。 桜の木は花も実も楽しませてもらいましたが、姫リンゴの木が今は素晴らしく。 台風状の強風にもめげずに、沢山の実を。 食べません。…