傍目八目

日々の思いをつらつらと

大人になって

私の詩「触れて」

あの日夏のあの日私達は湖のほとりにある私のセカンドハウスにいてあなたのお友達もいて私のお友達もいてビザを焼いたのよねビザ釜をみつけてみんなで焼いたのよねワインをのんで私もあなたも少し酔ってお友達はそれぞれ自分の別荘に歩いて帰っていった庭に…