傍目八目

日々の思いをつらつらと

創作

創作・「静かな愛」

それほどに激しく強い愛だったのだろうか。さらっとお付き合いして、すすっと結婚したように、いえ、一般的に云われる、すごい恋愛の末に結ばれたご夫婦のようには感じていなかった私は、ただのアホたれだったのでしょうが。真に愛する、相手を心底愛すると…

「おんなごころ」・エッセイプラスちょっと創作

「私って、わがままかな?」「私って、老けてみえる?」「私って、きつい?」「若いときから、化粧って嫌いだから、だけど、そろそろ真面目に手入れする必要あるのかな?」 それは嘆息のようでもあって、返答を求めている質問のようでもあって。 「わがまま…

雪が降った4月2日

昨日と今日と、一時的でも雪がわさわさと降って、山景色も少し白くなりました。 今日は、どこへ行っても元号の話で。 決まったものを、ああだこうだ言っても、どうにかなるものでもなく。 慣れることですね。「令和」に。 慣れると、素敵な元号に感じるはず…

創作 「 戸惑い 」

結婚して、多少戸惑っていることがある。 29才だから、結婚とはどのような事かなどは、いくら浮世離れしていると云われる私でも、知ってはいた。 少し、潔癖過ぎて、男性経験も無だったから、正直なところ、私は不安でもあって。 ただ、結婚する相手は兄の親…

創作 「 評価 」

評価を気にする人、やけに評価を気にする人がいる。 小さなミスがあったとして、、自分の評価は落ちる、下がるのではと心配する人がいる。 絵の個展を開いてみて、個展を開くに際して、費用もかけたはずなのに、さっぱり売れなかったとして、自分の世間から…

創作 「 坂道 」

坂のある風景は落ち着く、坂道が好き ゆっくりゆっくり登りたい。 とか、のんびり言っていたいところだけれど、なかなかそのような余裕はなく、 せっせせっせと、せっかちに登る。 でも、どのような理由か坂のある風景が好きで、坂の登りつめたところに建っ…