傍目八目

日々の思いをつらつらと

紅葉つれづれ


f:id:enaena38:20201026220704j:image

 

すっかり寒くなり、雪虫がちらつき始めていますが、

 

平地での初雪も近いかもしれません。

 

札幌では、つい先日、手稲山で初雪を観測したそうです。

 

イチョウの黄色の葉はキレイですが、地面に落ちている実は、臭くてかないません。

 


f:id:enaena38:20201026221031j:image

 

昨夜、夜のイチョウ

ささやかにライトアップして。

 


f:id:enaena38:20201026221118j:image

 

優雅な白樺の紅葉。

葉が落ちるとまた、白い肌の白樺は美しいです。

 

 


f:id:enaena38:20201026221230j:image

 

桜。桜は春のピンク、秋の紅と2度楽しめますね。

 

紅い葉は、素晴らしい。

 

 


f:id:enaena38:20201026221413j:image

 


f:id:enaena38:20201026221452j:image

 

桂。巨木です。

 


f:id:enaena38:20201026221616j:image

 

蔦。

 


f:id:enaena38:20201026221654j:image

 

林。

 

夕方は寒い。

 

紅く、黄色く燃えて、

 

葉が全て落ちると、

 

 

長い長い冬の到来です。

季節限定?


f:id:enaena38:20201005225737j:image

 

限定という言葉に弱い人がいるらしいけれど、私はへそ曲がりなので、限定ですときいても。さっぱり何も感じない。

 

 

昨日、おやきを頂きました。

 

自分ではたい焼き、おやきなどは余り買わないし、とくに食べたいとも思わないのだけれど、、昨日、美味しいので、食べて見て下さいと薦められ、お茶まで淹れてくれたのだから、

 

つい、では1つと半分に割ってみようとして、

皮がもっちりで、すんなりとは割れない。

 

いびつになってしまったけれど、


f:id:enaena38:20201005230255j:image

 

生地にもカボチャを練り込み、

餡も、小豆餡とカボチャ餡の二段になっている。生地にはカボチャの種も混ぜて。

 

 

美味しかった。

へえー!!こんなんあるの?!

今どきのおやきさんは、餡も甘さを抑えてあって、甘ったるくない。

 

私は、やけにもっちりしたカボチャの味がする皮がとっても美味しくて。

 

 

サザエのおやき と聞いていたので、

 

今日、買っておいてねと家人に頼んでおいたのだけれど、

 

なかったわよ。

 

限定品らしいわ。

 

そうなの?!

 

あんこ博とかで、あんこ系の菓子の博覧会みたいな催しがデパートで開催されていて、

 

そこで買ったとか。

 

そうなの?

 

終わっちゃったの?

 

もう、食べられないの?

 

なーんだ、、限定品さまさまじゃない?

あーあ、それなら、昨日、買いに行けばよかった、、。

 

悔やんでみても、食べものに関しては、今後は、限定という言葉に注意していたい。

秋色に染まって

 雨降りの予想だったはずが、青空が出てきて晴天になったり、また、その逆も然りで、秋空は忙しい。気まぐれさん。

 


f:id:enaena38:20201003230059j:image

 

日中の気温は20度以上あっても、朝夕はぐっと冷えて気温が下がるせいか、すでに木々は紅葉を始めている。

 

紅葉を見て何が楽しいのかと、好まない人もいるけれど、私は木々の葉が殆ど落ちてしまう晩秋が最も好みで。

 


f:id:enaena38:20201003230401j:image

 


f:id:enaena38:20201003230418j:image


f:id:enaena38:20201003230450j:image

 

札幌にいる時は、この時期は努めて歩き回る。

 

歩いていて、ねこじゃらしをみつけた。

ねこじゃらしだ!という声に振り向いて知ったのだけれど、


f:id:enaena38:20201003230811j:image

 

ねこじゃらしらしい。植物としての名前はエノコログサで俗称が、ねこじゃらし。

 

正直なところ、ねこじゃらしという俗称は知らず、猫ちゃんが遊ぶ植物らしいのだけれど、

 

家に戻って、ねこじゃらしの話をすると、

 

「知らない?」

「本当に知らない?」

 

不思議がられるというより、唖然とした風で。

 

知らないを正直に言うと、家族にまで驚かれる。

 

してみると、私は知らないことが、まだまだありそうで、、一般的には知っていて当然のことを、知らないで過ぎてきたのかなと。

 


f:id:enaena38:20201003231603j:image

 

1日は十五夜さん。

我が家のお月見団子は、白玉粉と絹豆腐で作るのが定番で、私の分が冷蔵庫に残してありました。

水を使わないで豆腐で作ると、固くならないとかですが、確かに、ちっとも固くなっていなかったので、美味しく頂きました。

 

きな粉には何も混ぜずに、きな粉のみで、きな粉の風味を楽しんでが我が家の流儀ですが、

 

私は、黒蜜をかけます。

少し甘みがほしい。

 


f:id:enaena38:20201003232137j:image

 

近くのレストランで食事をして、デザートのアイスクリームが絶品でした。

 

柚子風味のアイスクリーム。

もう、夕方は寒いくらいですが、

濃厚な食事で熱くなった胃には、アイスクリームの冷たさ、爽やかさがぴったり。

 

秋色、木々の紅葉も食後のアイスクリームも。ムクゲもねこじゃらしも、忙しく変化する空も、秋色。私にとっては愛すべき秋色。

大切なものは?


f:id:enaena38:20200929202335j:image

 

あなたの一番大切なものは何ですか?

 

と、問われた。

突然だったから、咄嗟に答えられなかった。

 

「あなたの一番大切なものは何ですか?」

 

と問われたら、あなただったら、どのように答えますか?

 

 


f:id:enaena38:20200929202626j:image

 

イヌサフランが、公園や庭の隅に、沢山目につくようになりました。

 

私は、

 

大切なものではなく、

 

自信ですと答えました。

 

「自信」。

 

自信が無くなったら、私は仕事にしても、多分、窮地に立たされたり、難題を任せられたり、

 

たぶん、やっていけないと考えます。

 

私はやれる、大丈夫、乗り切る!

やってやるわ、頑張る!

 

そんなこと口には出しませんが、心で思い、難局を打開すべく、全力疾走します。

 

それは、人様には理解できないであろう、自信があるからに他ならないのではと。

 

質問をぶつけた張本人が、

 

「さっすが!! やっぱりすごいわ!!」

 

どうでもいい、、私は、負けない!!

 

大切なもの、

 

ご主人と答えた人、

 

お金と答えた人、

 

仕事と答えた人、

 

いろいろらしい。

 

 

祖母は、孫の私のスケッチブックを宝物のように大切にしています。

 

十代の私は、まだまだ未熟で、可愛らしかった。

 


f:id:enaena38:20200929203658j:image

心遣いを感じるとき

六花亭のカフェで、お茶。

六花亭は全国的に知られるようになっているようですが、会社の製品に対する努力や広告宣伝のセンスもあるかなと。

昨年はNHKの朝ドラで取り上げられたこともあるのか、

観光でこちらに来られた人は、必ず六花亭の紙袋を下げている。

紙袋に描かれている植物画は、坂本龍馬の末裔の坂本直行さんのもの。

 


f:id:enaena38:20200922114144j:image

 


f:id:enaena38:20200922114201j:image

マロンパイ。

期間限定で、カフェのみでの提供のようだけれど、注文すると、出てくるまで、少し時間がかかる。

 

注文を受けてから焼くとか。

 

いざ、テーブルに運ばれてくると、プーンとバターの香りが。

ナイフを入れると、サックサクのパイ生地。

蜜漬けの大きな栗がゴロンと入っている。

 

温かく、バターと栗の香りに包まれながら、幸せ気分に。

 

美味しい!!

とっても。

 

 

お客様に、出来立ての美味しさを味わってほしいという、心遣いが伝わる。

 

また、来たい、また、これは、食べたい!

 

心遣いは、リピーターを生む。

 

お彼岸なので、お墓参り。

 


f:id:enaena38:20200922120747j:image

 

北海道最大の敷地面積を有する霊園に、

モアイ像が。

 

見慣れた光景で、今はインスタ映えすると、写真だけを撮りにくる人も多く。

 

モアイのモ➡未来、アイ➡生きる

 

その意味から、霊園にモアイ像らしい。

イースター島とは何の関係もない。

 

きれいに整備されて、清掃もきっちりなされている霊園なので、イメージが明るい。

 

行楽半分の人も多い。

 


f:id:enaena38:20200922121224j:image

 


f:id:enaena38:20200922121309j:image

 

高さが6.5メートル、大きなものは9メートルあるという。

 

モアイ像にもマスク。

クレーンにでも乗って、マスクを付けたのだろうか。

 

これも一種の心遣い。

未来も生きようよとのメッセージで建てたモアイ像だから、新型ウィルスにやられてしまわないように、マスクをしましょう。

 

 

大きな大仏様もある。鎌倉の大仏さまとだいたい同じ大きさ。13.5メートル。

 

大仏殿は建築家の安藤忠雄氏の設計デザインとか。

やはり、すご

いなぁ!と、圧倒される。

 


f:id:enaena38:20200922121916j:image

 


f:id:enaena38:20200922121951j:image

 

 

敷地面積は、東京ドームが、38個入る、

180万平方メートル。

 

 

歩いて、歩いて、社殿には、こじんまりとした、カフェが。

 

パスタとコーヒーで。

味の割りには、お安い。

1人千円ちょっと。

 

安藤忠雄さんデザインの社殿のグッズも販売されている。

 

 

車を使ったので、

 

歩数は1万歩をちょっと切ったけれど、

 

昨日、今日と、午前中に、けっこう健康的に歩いている。

 

 

 

 

札幌百合が原公園

秋たけなわ。


f:id:enaena38:20200920233015j:image

 

百合が原公園(敷地面積25.4ヘクタール)へ。札幌の北方面に位置する。

随分広い公園なので、密にはならないだろうと、行ってみたのだけれど、かなり混雑していた。

 

百合が原公園というくらいですから、百合の時期には公園内に入るとぷーんと百合の花の香りがする、のだけれど、秋は、コスモスとダリア。

150種類以上のダリアが千本以上は植えられている。

 


f:id:enaena38:20200920233642j:image


f:id:enaena38:20200920233654j:image


f:id:enaena38:20200920233711j:image

 


f:id:enaena38:20200920233730j:image


f:id:enaena38:20200920233751j:image


f:id:enaena38:20200920233808j:image

 


f:id:enaena38:20200920233830j:image

 


f:id:enaena38:20200920233855j:image

 


f:id:enaena38:20200920233927j:image

 

家庭から集められた廃油を燃料に走るリリートレイン。真ん中あたりをぐるっと走って約12分。

子供達は大はしゃぎで、乗っていて、大人達は、広大な公園のあちこちに植えられた花々にカメラを向けていた。

 


f:id:enaena38:20200920234222j:image

 

リリートレイン用の線路の踏み切り。

 


f:id:enaena38:20200920234302j:image

 


f:id:enaena38:20200920234327j:image

 


f:id:enaena38:20200920234349j:image

 


f:id:enaena38:20200920234410j:image

 


f:id:enaena38:20200920234432j:image


f:id:enaena38:20200920234533j:image

サイロがあり

噴水広場があり、温室では、植木が販売されていて、種類も多く、ファンには嬉しい場所。

 


f:id:enaena38:20200920234905j:image


f:id:enaena38:20200920234936j:image

 


f:id:enaena38:20200920235025j:image

 

沢山歩いて、約2万歩、お腹が空いて、

ランチサービスをしているお寿司屋さんで、お腹をみたし。

 

マグロやウニなど、食べてから写真を撮ったのは、写真より、まず食べたいからで、歩くってすごいお腹が空くものだと。

 


f:id:enaena38:20200920235353j:image

 

札幌駅までJRで戻り、本屋さんで数冊本を買って、、、

 


f:id:enaena38:20200920235513j:image

 

ステラおばさんのお店で、コーヒーにクッキー。

 

秋のせいか、沢山歩いたせいか、

 

よく食べる1日でした。

 

それにしても、ダリアはあまり好きな花ではなかったのですが、色にしても形状にしても、

これだけ種類があると、好みの色や形状もあって、ダリアという花の奥深さを知ったように思います。

 

 

 

 

トマト味に惚れちゃった?


f:id:enaena38:20200917192304j:image

 

 最近、ご飯もパスタもお菜もラーメンの果てまで、トマト味ばかり食べている。

 

トマト味に惚れちゃったわけでもなく、

トマトを次々とあちこちから頂き、毎日トマトを食べることになったらしく。

 

ミニトマトドライトマトを作る、

大きな普通サイズのトマトでは、トマトソースを作って冷凍しておくなどは、我が家の女性陣は、それぞれがしている、ところが、例年より暑さが続いたせいなのか、ご近所さんの家庭菜園でもトマトが豊作で、持ってきて下さるとか。

 

人参ご飯は有りでも、トマトご飯って、それ何?と一瞬は思いもするけれど、

 

エビやイカ、ホタテと米を炒めて、、ぶつ切りトマトをふんだんに入れ、塩コショウして、

スープと共にグツグツ。

 

トマト多めのパエリアの出来上がり。

 

これは、かなりイケました。

 

私が作ったのは、煮ハンバーグ。

煮込むソースをトマトにしただけ。

大きなトマト3個をぶつ切りにしたものに、炒めた玉葱、舞茸を加え、味噌を少々、ドライトマトを細かく切ったもの、黒コショウに塩、

そこに、裏表オリーブオイルで焼いたハンバーグを加えて、グツグツ。

 

これも、なかなかで、お祖父様もお祖母様も、

美味しいと食べてくれました。

 

トマト効果抜群です。

 


f:id:enaena38:20200917193758j:image

 

トマトとパスタの組み合わせは定番ですが、

 

ラーメンをトマトスープでは、どうかしらと、試されましたが、

 

私は、ちょっと、イマイチで、ラーメンはラーメン、醤油なり塩なり、味噌なりのほうが、

 

うん、うんでした。

 

最近は、カレールーに、トマトベースの製品も売っていますので、

 

トマト風味カレーは、我が家で数回食卓に上がりました。

牛、豚、では、私は首を傾げました、正直なところ。

 

ところが、ゴロン、ゴロンと大きな鶏もも肉のカレーでは、美味しかったです。

 

 

秋らしい陽気になってきて、早朝に散歩に出てみても、17℃くらいですから、歩くには丁度よい気温。

 

食べて、歩いて、読んで、弾いて、

 

良い季節になりました。

 

あ、それと、最近はまっている、きゅうりの漬物。

生協発行の冊子に載っていたものです。

 

美味しい!


f:id:enaena38:20200917203449j:image


f:id:enaena38:20200917203500j:image

 


f:id:enaena38:20200917205755j:image

 


f:id:enaena38:20200918170151j:image