傍目八目

日々の思いをつらつらと

連休明け・


f:id:enaena38:20200114080803j:image

3日間の連休中、何をしていたのだろうか。

雪が少なく、スキー場は半オープンの状態で、スキー好きはご機嫌ななめ。

 

何十年ぶりの雪の少なさらしく、それでも来月の雪まつりは予定通り実行するとかで、街の中心部では、大型ダンプが列になって市外から雪を運んできている。

 

 


f:id:enaena38:20200114081511j:image

 

抱き人形を作った。

 

意外に簡単なので。解ったことは、一番難しいのは顔ということ。

作る人の感情が出てしまう。

ひとつめは、マニュアル通りに(写真右)、2つめは、手足の長さや胴体への付け方、髪の毛の付け方を進化させ

 


f:id:enaena38:20200114081759j:image

 

橋好きなので、いくつか橋を見てまわり、

 

しかし、例年だと雪や氷に埋まっている川が、

水音強く流れているのだから、雪が少ないだけではなく、今年は暖冬なのかなとも思ってしまった。

 


f:id:enaena38:20200114082126j:image

 


f:id:enaena38:20200114082219j:image

 

 


f:id:enaena38:20200114082253j:image

 

昨夜、家族の言葉で気付いたのは、

私は、最近、調理するものに、ゴマを多用しているらしい。

食事作り当番の日は、朝から冷蔵庫やパントリーの中をチェックして出かけ、自分のメニューに足りない食材は、買ってくる。

 

ゴマを買ってきたこともないので、沢山保存してあるので使ったのだけれど、

 

ごま和えくらいだと、よくゴマばかり使うとは言われなく。

豆腐を混ぜたハンバーグのソースは、和風の味噌とゴマを混ぜて作り、冬になると我が家では週1で食卓にのぼる豚汁にもゴマ、そうなると味噌汁にはゴマ、、(味噌汁にゴマは栗原はるみさんのお店の味噌汁にもゴマが入っている)、

サラダには勿論、ゴマドレッシング(オリーブオイルに白のすりゴマを入れ、すし酢を入れて混ぜただけ)、仕上げにおからクッキーを焼く時にもゴマを入れ。

 

言われてみると、ゴマを多用しているかもしれない。

特にゴマ好きでもないけれど、例えば味噌汁にしても、ゴマを入れると風味が格段に変わって、美味しいので、ついつい使っていたのかも。

 

 

雪が少ないせいか、空気が乾燥していて、毎日のように消防車のサイレンを耳にする。

 

雪の下に埋めた野菜は、甘味を増して美味しくなるとして、農家さんでも、キャベツや大根などを雪の下キャベツなどと名付けて売っているが、今年は少し困るかもと。

 

あまり多いとやっかいな雪も、あるべきものが無いと、困ってくるのは必至で。

 

小学校などは、毎年グランドに山を作り、低学年のスキー練習に使うが、今年はいまだに、山が完成している学校は少なく。

 

雪だるまも作れない、町内では、そろそろアイスキャンドル作りを予定しているようだけれど、雪で作る滑り台などイベント用の雪の造作が雪無しじゃ作れず、、。

 

道内では、あちこちの町で雪まつりが開催されるが、すでに中止にした町もあり。

 

自然現象ゆえに、誰のせいでもないのだけれど。我が家のお年寄り達は、「いやいや、これから必ずどか雪になるだろう、ここまで少なかった分は、しっかり帳じりを合わせてくるはずだ、」と、自信ありげに言いますが。

 

さて、どうなるか。

 


f:id:enaena38:20200114093115j:image