傍目八目

日々の思いをつらつらと

良い歌詞


f:id:enaena38:20190813231332j:image

 

 中島みゆきさんの「誕生」という曲を、友人宅で聴きました。

 

歌詞が抜群です。一部抜粋。

 

 

……………………………

     ・

     ・

     ・

振り返る暇もなく時は流れて
帰りたい場所がまたひとつずつ消えてゆく

すがりたい誰かを失うたびに
誰かを守りたい私になるの

わかれゆく季節を数えながら
わかれゆく命を数えながら
祈りながら嘆きながらとうに愛を知っている

忘れない言葉はだれでもひとつ
たとえサヨナラでも愛してる意味

      ・

      ・

      ・ 

………………………

 

季節は流れてゆくのですね。

 

年を重ねると、別れなければならない人が増え、送る人も増えてしまう。

それが自然の摂理。

 

そうして、別れて、送って、

人は強くなるのですね。

 

中島みゆきさんの「糸」という曲の詩が好きで、友人と歌詞の良さを話していて、

 

「誕生」を教えてもらいました。

 

一人生きる強さを感じる歌詞です。

 

 

 

 

台風、、、荒れないでと願いますが、。