傍目八目

日々の思いをつらつらと

プラナリア


f:id:enaena38:20190611222131j:image

 

プラナリア(英: Planaria)は、扁形動物門ウズムシウズムシウズムシ亜目に属する動物の総称。広義には、ウズムシ目(三岐腸目)に属する動物の総称。さらに、渦虫綱に分類される動物の総称とする説もある。体表に繊毛があり、この繊毛の運動によって渦ができることから、ウズムシと呼ばれる。淡水、海水および湿気の高い陸上に生息する。Planariaは「平たい面」を意味するラテン語planariusに由来し、plain「平原」やplane「平面」と語源が共通である。

Wikipediaより。

 

プラナリアは再生するらしい。切っても切っても再生するらしい。

画像を見ると、気持ち悪い。

 

 


f:id:enaena38:20190611224128j:image

 

 

山本文緒さんの、直木賞受賞作「プラナリア

を読んだ。

 

プラナリア」他、4作の短編が収録されている。

 

約20年前の作品ですが、あまり違和感なく読めました。

山本文緒さんは、やはり短編が素晴らしい。

5作、全て面白く、一気に読めます。

 

私的には、2作目の「ネイキッド」が一番良かった。

バリバリ働いていた女性、ヤリテの女性が結婚して、夫の仕事を手伝う、ヤリテで頑張り屋の主人公は、バリバリ働いて夫の店を繁盛させ、2店め、3店めと発展させます。

やりだした仕事だから、睡眠時間を削っても頑張ります、家にも帰らず店に泊まって準備します。

その間に、のんびり進みたい夫には好きな人が出来て。離婚。

主人公はもぬけの殻のようになり2年間、何もせずに、だらだらと生きるのですが。

 

友情、年下の男性、仕事の誘い。

 

友人の子供を抱いて、泣く主人公。

 

主人公の心情がよーく理解できます。

 

頑張っちゃいけないの?

勉強でも、仕事でも頑張るものじゃないの?

優しさに包まれて、何も考えずに眠れることなんて、夢の夢かも、、。

 

山本文緒さんの「紙婚式」を読んでみて、ちょっとはまってしまい、「プラナリア」を買ってきて。

心理描写が上手い作家さん。

女性の心理も、男性の心理も、よくよく観察していると感じます。

 

 

さてと、次は何を読もうかな。