傍目八目

日々の思いをつらつらと

久しぶりに雨降り


f:id:enaena38:20190521192229j:image

 

たまに雨が降ると、街の中が洗われるようで、不思議と気分爽快になる。

ほこりっぼく、風が吹くと土埃が舞い上がり、目に入り、目を傷めることもちょくちょくあったので、雨降りは嬉しく。

 

目に土埃が入ると目薬、、だったのを、、目を洗うようにして、目は楽になった。

 

アイボンなどで洗うのではなく、水で。

浄水をグラスになみなみと入れて、目のふちへ持ち、瞬きをパチパチと、数回それをすると、

目がすっきりする。

 

過剰な薬品を避けて、普通にあるもので。

 

私は目が大きいせいもあるのか、ゴミが入ったり、砂ぼこりが入ったりで、眼科のお世話になることも多く、医者は、ゴミを拾いやすい目ですから注意してと。

注意していても入るのだから、、。

薬品で目を洗うのは、目に必要な成分も洗い流してしまい、ドライアイになりかねない。

 

どんなことも、ほどほどにしておかなければ。

 

目にどんなに小さなゴミでも異物が入ると痛いことこの上なく。

 

最近は、子供でも眼精疲労で視力が下がる子供が増えているとか。

テレビやゲームやスマホタブレットの見すぎ。学習すら、タブレットを使っている子供も増えている。

眼精疲労が昔では考えられないところまで、きているのかもしれない。

 

花粉症という言葉も、花粉アレルギーという言葉も、周りにあふれていて。アレルギーが当たり前になってきている、人間は何かかにかのアレルギーがあるという人もいて。

 

マスク姿が夏でも、家の中でも奇異ではなくなってきていて。黒いマスク姿も見慣れてしまっている。

 

目にゴミが入らないように、眼鏡をして歩いたほうがよいかなと。そんなことを話していると、花粉が目に入る場合もあって、自分は花粉症とは意識していなかった人が、鼻水は出ないけれど、目が赤く腫れて、、検査すると花粉症だったという人も。

 

目だけにアレルギー症状が出るという事らしい。

ゴーグルをして歩く人が出てくるかも………

マスクをしてゴーグルをして、、、大変です。

 

という訳で、雨は自然の恵みです。

空中に飛んでいる花粉も、粉塵も洗い流してくれるのですから。

 

大雨になっている地域もあるようですが、

 

雪も雨も晴れも、全て、ほどほどであってほしい、、が結論になるのかな。

 


f:id:enaena38:20190521230513j:image