傍目八目

日々の思いをつらつらと

マーカス・フィスター原画展へ


f:id:enaena38:20190511224339j:image


f:id:enaena38:20190511224356j:image


f:id:enaena38:20190511224414j:image

 


f:id:enaena38:20190511224433j:image

 

『にじいろのさかな』でよく知られている

マーカス・フィスターの原画展が催されていたので、のぞいてきました。

 

写真撮影禁止なので、上記写真はパンフから。

 

日本では谷川俊太郎さんの訳で出版されていますが、『にじいろのさかな』は世界中で翻訳され出版されています。

 

何故、さかなのウロコをキラキラにしたのか、また、

出版されたのは約30年前ですので、キラキラのウロコを付けた印刷そのものが大変だったようです。それでも、作者はウロコをキラキラにすることにこだわった。

 

キラキラウロコにしたことで、この絵本は大ヒットしたのでしょうが。

 

自宅のアトリエで構想を練り、描かれた作品とのことですが、ヒントになったのは、作者のお子さんを見ていてらしい。当時、お子さんは2才、3才くらい。

子供が集団の中で生きる難しさを、作者は30年前にすでに予感したのでしょう。

 

このにじいろのウロコのさかなは、シリーズとなり次々と出版されます。

タコもクジラも、、原画を見ると、技巧が素晴らしく、立ち止まって食い入るように見ている子供達も多く、男女問わず、子供の心を掴む絵なのだなぁと。

 

青の使い方が素晴らしい。

青のバリエーションが素晴らしい。

作者はフリーハンドでぐいぐい描いて。

 

良い展覧会でした。

 

 


f:id:enaena38:20190511230531j:image

 

原画展を催していたビルの屋上庭園。

今年は、チューリップ。まだ全部は咲いていませんでしたが、色とりどりのチューリップが。 

 


f:id:enaena38:20190511230745j:image

 

ムスカリが少しだけ。

 


f:id:enaena38:20190511230840j:image

 

今日は太陽は出ていたものの、日中の気温は

13℃ほど。

もう少し暖かくなると、花畑も充実し、子供達も庭園を歩き回るのでしょうが。

今日はパラパラでした。寒い。

 


f:id:enaena38:20190511231153j:image

 

カロン、小さなマカロンを、食べました。

ホテル日航のビュッフェで。

お料理も美味しかったのですが、マカロンが可愛く、つい撮してしまいました。

 

カロンは女性には大人気ですが、男性はあまり好まないのか、食べている人はいなかったような。

 

さてさて、来週火曜日から少し気温も上がるようなので期待しつつ。

 


f:id:enaena38:20190512000214j:image