傍目八目

日々の思いをつらつらと

路地の話


f:id:enaena38:20190422144014j:image

 

今日、あら??? うーん、あらら、、、と思ったこと。

 

街中を歩いていて、、、仕事です、、、二人で。新入社員の男の子と。

 

表通りからビルとビルの間の細い抜け道を通り、仲通りに出る、そこで、路地に入り云々。

 

路地裏。

 

路地の奥のような意味のはずで、、ところが、

彼は、

 

「あの、、、、違いませんか、、、路地裏ですから、表通りに面しているんですよね。」

 

とても申し訳なさそうに、遠慮がちに言うのですけど。

 

あらあら、、、もしかして、路地裏って、

文字通りに受け取ってるのかなと。

路地の裏だから、表。

私も、言葉には少しうるさいので、彼に訊いてみると、やはりそんな感じで。

 

路地があったら、その奥を路地裏。

確かに言葉としてはおかしいのかもしれないけれど、路地の裏だから表ではない。

 

彼は非常に学業成績も良く、大学も一流大学出身。

説明すると、驚いたように、それでも素直に、

覚えておきますとは言って。

 

こんな感じの言葉に関する不思議は、ちょいちょい、、彼ではなくとも、実際あります。

 

もう、すごいベテランのうるさ型の女性などでもありました。 

癖になっているのかもしれません、または、他者から注意されたことがないのかもしれません。

 

毒舌を、、どくじた、、どくじたと連呼していた、良家の奥様もいました。

 

日本人ですから、英語もフランス語も話せたら良いでしょうが、、母国語の日本語を、もっとしっかり大切に考えたいものです。

 

30も過ぎた女性が、

「めっちゃ、、嬉しい!」とか、めっちゃ、めっちゃと連呼するのも、どうかと思います。

また、なんでもかんでも、「カワイイ」で済ませるのも、悲しくなります。 

 

テレビのレポーターなどの中にもいますね。

カワイイとめっちゃばかりが出てくる人。

語彙力の乏しさでしょう.。

 

これから必要なくなる職業のトップは、翻訳家かもしれないと感じました。ボケトークなるものを試してみると、、恐ろしくも便利なもので、何か国語にも対応していて、日常会話であれば瞬時に変換してくれる、、翻訳業などはいらなくなります。

 

銀行の窓口業務も無くなり、すると役所の窓口も同じ、、、

第一次産業だけは必要不可欠で。

 

あと、10年もすると、世の中、随分景色が変わるはずです。

 

気温は低いようですが、

太陽が出ているので、今のところは暖かい。

ストールをとって歩きました。日射しってありがたいものですね。