傍目八目

日々の思いをつらつらと

吉原幸子さんの詩


f:id:enaena38:20190408145651j:image




f:id:enaena38:20190408145923j:image


札幌ビールの昔の工場。現在はファクトリーとして、商業施設として使われています。

煉瓦は長持ちするのですね。函館も小樽も横浜も、港そばの倉庫に煉瓦が使われていて。

今も何かの施設として利用されている。

天然木材が良いように、天然素材の煉瓦も、建築素材としては良いのでしょう。呼吸をしているのでしょう。

 

今は家具でも、建築素材でも、天然のものが少なくなってきていて、どうなのかなと考えてしまいます。

 

今日が入学式、始業式の学校が多いのか、朝、

子供たちのはしゃいだ声と、なんとなくピッカピカのランドセルが目につきました。

それにしても寒いのか、首にマフラーの子供達もいて。私も、少し厚手のストールを巻いて出掛けました。

 

例年、4月は寒い。寒く感じる。冬コートも着れず、春コートでは絶対寒いのだから。

6度や4度では、寒いと感じて当たり前。

 

 

寒い、寒いで、お昼は、温かい鍋焼うどんを食べて、食後はココア。

ココアはうどん屋さんではなく、事務所に戻ってから、自分で。少し砂糖も入れて。

 

何気なく開いた吉原幸子さんの詩集、胸が苦しくなる詩が多いのですが、死について、お母さんについて書かれた詩は、読んでいて、苦しくなる、胸が痛くもなるのですが、

 

とても良い詩が。この詩もお母さまを想う詩ですが、爽やかに仕上がっています。

 

🌸🌸🌸

    光る海へ

あの日まだ

母は わらってゐた

海も 光ってゐた

 

青春 に疲れた娘を

もの言わず いたはるやうに

母は 海辺の宿へ連れて行った

石段の途中に 駄菓子屋があり

そのわきを かすかな硫黄の匂ひで

湯気がはしり

 

色とりどりの

さまざまの形の石 の浜辺 

ひとつひとつが美しく 捨てがたく

娘は一日ぢゅう

波打際にかがんで石を拾った

 

いままた おそい青春のように

久しぶりのいたみがふりかかるとき

 

わたしを春の海辺へ連れて行ってくれるひとは

わたし しかゐない

 

           🌸🌸🌸

 

お母さんを大切にしたいですね。