傍目八目

日々の思いをつらつらと

冬半分


f:id:enaena38:20190403224335j:image

 

夕方の空に夕焼け。明日は晴れそう。


f:id:enaena38:20190403224434j:image

 

中学校のグランド。

まだ雪が残っていて。新学期からグランドを使えるようにしなくちゃ。

 


f:id:enaena38:20190403224616j:image

旧永山武四郎宅の庭にも雪。

屯田兵の父と云われている永山武四郎ですが、

北海道庁長官32人中、札幌に私宅を自費で建てたのは永山武四郎1人らしいので、

札幌への、また、北海道への熱い思いがあったのでしょう。明治時代の建物ですが、後に三菱鉱業が所有し、そのおかげで保存されたような感じもあります。三菱鉱業は増築して寮として使っていたようですが。


f:id:enaena38:20190403225205j:image

 


f:id:enaena38:20190403225347j:image

和洋折衷の建物ですね。


f:id:enaena38:20190403225443j:image

 

電話室。

昔は電話室があったのでしょう。

黒電話が珍しかったです。

 


f:id:enaena38:20190403225610j:image

私が一番印象に残ったのは、この彫像です。

母子像。製作者 山畑 阿利一 製作年他詳細不明。

 

 

たまたま、近くに行ったついでに、さっと見てきましたが、

カフェレストランも中にあって、上手に古い建物を生かしているようです。

 

庭は広く、公園となっているので、

もう少し春らしくなったらまた立ち寄ってみたい場所です。

 

まだまだ冬が残っている札幌ですが、

若い人は春衣装、年配の人は冬衣装。

今時期は、着るものが大変です。

寒がりでも、あまりに冬イメージもなんですし、あまりに春、春では、軽過ぎて。

 

明日は、気温も上がる予報が出ているので、

期待したいところです。