傍目八目

日々の思いをつらつらと

宮下奈都さんの作品を読む


f:id:enaena38:20190314144642j:image


f:id:enaena38:20190314144700j:image


f:id:enaena38:20190314144716j:image

絵本作家の荒井良二さんのトランプ。

絵が可愛くて、荒井良二さんの絵本でも眺めているような気分になり、トランプ遊びをするためではなく、カードの絵を時々、眺める。

 


f:id:enaena38:20190314144941j:image

 

セブンのチョコラスク、ブルボン製菓とのコラボのようで、美味しいです。

1箱に6枚。  ブルボンでも似たような製品を売っていますが、セブンのこれ!  チョコが甘過ぎないのがいい。

 

1枚、分けてもらったのですが、帰りには

セブンに寄って、いくつか買って帰りたい。

コンビニ菓子、最近美味しいです。

コンビニスィーツも美味しいです。

頑張っていますね。

 

 


f:id:enaena38:20190314145438j:image


f:id:enaena38:20190314145454j:image


f:id:enaena38:20190314145517j:image


f:id:enaena38:20190314145536j:image

 

宮下奈都さんの作品ばかりを読んでいた時期があって、、心がささくれだった時に落ち着かせてくれます。

 

沢山の作品がありますが、語り口が優しい、

気がまえずにさらっと読めます。

 

作者は音楽好きのようで、各所に音楽が出てきます。

 

周囲となじめず、、心を痛めた、、ウツになった、、、そのような人々が登場します。

 

社会になじめないで、一人ぽっちで、、

そのような人達へ、優しい目線で語りかけるのですね。

 

思春期に読んでほしい作品が多いです。

 

私は特に写真の2冊が好きで、友人達にも薦めてきた作品です。

 

額装の仕事などは、あまり度々見かける仕事ではありませんが、思い出を額にする、幸せを額にする、なんて素敵な仕事でしょう。

 

ヨーロッパでは昔から、本の装丁を専門にする仕事がありました、、革表紙の本を装丁する、傷んだら、また、直して。

 

日本では、漆塗りのものなど、傷むと塗り直して使いますが、陶器なども金継ぎをして大切に使う方法もありましたが、。

 

今はそのような文化も忘れがちです。

 

モノがあふれてしまっているのでしょう。

洋服なども、沢山買って、どんどん棄てて、また買って。

 

繕う、リフォームして使う、古いものを生かす文化を思い出してみたいです。

 

「終わらない歌」は感動します。

 

なんでもかんでも自分の思い通りにはいかないのが人生。

そんな人生の中で、自分のしたいこと、目標、好きなこと、共に進む友、

信頼、、

そのような事を知った時、人間は強く、逞しくなるものなのでしょう。

 

事件もなく、特別なことは何もない、普通の日常を、細々と描いていて、

 

最後には、フツフツと暖かい感動が残ります。

宮下奈都さん、素敵です!

 

今日は青空。

昨日は、雪でした。やわらかな春の雪でした。