傍目八目

日々の思いをつらつらと

家電量販店で


f:id:enaena38:20190312202603j:image

 

春を感じる今日この頃ですが、

家電量販店に久方振りに行ってきました。

自分の机の電気スタンドを見に行ったのですが、、。お店に入ったすぐのところに、テレビが、、4Kテレビに目が止まり、、すると、ぴったりと店員さんが付いてくれまして、、

、、テレビを買う予定は全くないので、、

それを伝えましたが、、。

ハイビジョンテレビの4倍の画素数っていうことは??

家電量販店の店員さんは、ソムリエみたいです。  何を訊いても、明瞭に答えてくれまして、、4Kテレビは、とても美しい画面で良いのですが、価格が現在はどんどん下がっているので、今はまだまだ買い時ではないなぁが私の結論でした。

番組制作側が4Kや8Kに対応していなくても、

4Kテレビは4Kに変換する感じで映し出すようですが、、つまり、、国としては、オリンピックが視野にあるはずですから、、、買うのならば、環境が整いそうなオリンピック頃でも、良いかなと。


f:id:enaena38:20190312203922j:image


f:id:enaena38:20190312203941j:image

 

画面をスマホでバチッ。

現在の2Kテレビだと、スマホで写すとボツボツが見えますが、

 

4Kだと、全くボツボツがありません。

 

ハイビジョンの4倍の画素数ですからね。

 

電気スタンドを買いに行ったはずが、店員さんの知識に聞き入ってしまい、時間がなくなり、、次回にすることに。

 

どんな分野であっても、自分の仕事についての事をしっかり勉強することは、素晴らしいことだなぁと。人を感動させますね。

 

仕事がいやだ、つまらないと言う前に、せっかく始めた仕事ですから、やるだけやってみる、その仕事のオーソリティーになるくらいの気持ちを持ってみると、人生もまた違ってくるかもしれませんね。

 


f:id:enaena38:20190312205408j:image

銀色夏生さんの詩集。

 

男性なのか女性なのか不明で、

詩そのものも読んでみても、男性かしら?

女性かしら?と、、自分をメディアにさらさない人でしたから、、謎の作者。

 

実際は女性です。

 

呼び掛けるように、読む人に力を与える、勇気を与えるような、、詩。

 

ずっと、読まなかったのですが、最近読んでみて、人気があるのは当然だなと思いました。

 

この詩集は、ご自身が作られた万華鏡の写真を挟みながら詩がのっていますが、

次々とお話のように詩が続きます。

独特の作りの詩集になっています。

 

お子さんのお母さんでもあり、

結婚して、離婚して、再婚して、離婚して、

子供についても、自分の思い通りにはいかないものですから、

 

きっとご自身も苦労されているので、人間の弱さや、迷う姿や、理解できるのでしょう、

読者の目線で、呼び掛けるのですね。

 

力をもらえる詩。

 


f:id:enaena38:20190312210335j:image

 

人間を嫌いではありません、人が沢山いるのは楽しいものです。

でも、ひとりになりたい、ひとりでいたいのです。

 

今まで買わなかった銀色夏生さんの詩集ですが、この本のタイトルを見て、あらっ!同じだわ、、!!  で、買ってきて、、。

銀色夏生さん、ファンになってしまいました。