傍目八目

日々の思いをつらつらと

エミリー・ディキンソンを読む


f:id:enaena38:20190225152645j:image


f:id:enaena38:20190225152708j:image

 

生前発表された詩は7作品のみ。

亡くなってから、1775作品と膨大な詩が発見されて、19世紀の奇蹟ともいわれた詩人。

ある程度は裕福な家庭で、家も大きかったようですが、33才から家にこもり、亡くなる56才まで続いたようです。

庭なども広かった様子ですから、それならば何とか納得できるのですが、きっと何かが彼女をそうさせたのでしょう。

1830年生まれで、1886年没。

アメリカの南北戦争1861年からですから、ちょうど、エミリーが家にこもる頃と重なります、国の中の戦争ということも、繊細な神経のエミリーには耐えられなかったのではと、私は考えていますが。

 

エミリー・ディキンソンの詩については、

ぜーんぜん、さっぱり何を言いたいのか分からない、という人と、すごい!と評価する人に分かれるようです。

 

私が最初にエミリー・ディキンソンを知ったのは、何かパンフレットか雑誌の切れはしだったか、ふと目にした詩でした。

「私は誰でもない人!あなたは誰?」でした。

作者名もなく、英語で書かれていたので、

しばらくは呆然とながめていた記憶があります。その後、誰彼に訊ねてみて、

エミリー・ディキンソンの詩であると知ったのですが。

少しばかり衝撃的な詩だったはずです。

 

「私は誰でもない人!あなたは誰?」

 

私は誰でもない人!あなたは誰?

あなたもーーまたーー誰でもない人?

それならわたし達お似合いね?

だまってて!   ばれちゃうわーーいいこと!

 

まっぴらねーー誰かであるーーなんてこと!

ひと騒がせねーー蛙のようにーー

聞き惚れてくれる沼地に向かってーー六月じゅうーー

自分の名前を唱えるなんて!

 

この本には、50作品が載っていますが、

自然を題材にしたもの、

蜘蛛などを題材にしたもの、

恋心かなと思われる詩も、

 

エミリー・ディキンソンは、生涯独身でした。

でもきっと、家にこもるのが33才ですから、恋はあったのではと思われます。

恋に焦がれていたのではと思われる詩もあって、なんとなくホッとします。

 

「心にはたくさんのドアがありますーー」

 

心にはたくさんのドアがありますーー

わたしにできるのはノックだけーー

「お入り」とやさしくいってもらえないかと

懸命に耳をすませてーー

拒絶にあっても悲しみはいたしません、

わたしには糧なのです

どこかに至高の方の、

いらっしゃることがーー

 

この本には、50作品より載っていませんが、

ひとつひとつ、じっくり味わってみると、

決して暗い詩ではないのですね。

心は広く家から外に向かっています。

夢心地でもあるのですね。

 

今、この現代に、エミリー・ディキンソンが生きていたとしたら、

家にこもっていたとしても、バソコンなりスマホなりのデバイスを通して、自己発信したのではと思います。

 

世界に向けて発信したのではと思います。

 

❇️❇️❇️❇️❇️

 

今日も、暖かい1日でした。雪融けが加速しています。