傍目八目

日々の思いをつらつらと

非常用の保存食を食べる


f:id:enaena38:20190213114336j:image

雪まつりは昨日で終わり、今日から早速解体作業です。雪像が大きいので、解体作業もビルの解体さながらの様子で。昨年までは、解体作業を見るツアーもあったらしく、

解体作業は確かに見応えがあります。

作業用の機械がガガーッと、雪像を壊す。

作るのには1か月あまりかかったものが、解体作業は数時間で終わります。

 


f:id:enaena38:20190213114828j:image

尾西アルファ米、非常用に買ってあったものを、新しいのが来たので、古いものは食べましょうということで、今日のランチは、アルファ米。お湯を注いで15分待ちます。

チキンライスを食べましたが、いけます。

オニギリ2個分ほどの量ですので、1袋でお腹いっぱいになります。

 

古いといっても賞味期限まで、まだ何年もありますから、急いで食べる必要もないのでしょうが、缶入りのパンやカレーなど、まだまだ沢山あるので、定期的に整理するのでしょう。母は、几帳面です。

 


f:id:enaena38:20190213115455j:image

ついでに、友達から頂いた無印良品の昆布酢。 しっかり昆布の出汁もきいていて、

美味しかったですね。長芋の千切りをこの酢で合えたのですが、家族全員がハナマルを。

 

家の近くまで仕事で来たので、家でランチ。

 

家ついでに、祖母が喜んでいる手芸本。

クロスステッチの本ですが、柄は和柄

歌舞伎の、また、北斎が残した画帳メモからのものも。

私は、この本にある柄のバターンをモチーフにいくつか小さなものを作ったので、祖母も作り始めています。

洋のクロスステッチを和の柄でというのが、なかなか斬新で。


f:id:enaena38:20190213120238j:image


f:id:enaena38:20190213120300j:image


f:id:enaena38:20190213120315j:image

 

 



f:id:enaena38:20190213121044j:image

 

今日は、この薄いピンク色の手編みのスーツを着ています。

昔々、母がかぎ針で編み、着ていたものですが、、手編みなので捨てずあったものを、私が着ています。私は母よりおチビさんなので、少し丈が長いのですが、ウエストを一度くるっと折って。

ニットものは、着やすいです、スーツでも肩が凝らない。ニットの良さですね。

 

たまに、非常用の食事もよいものです。

お腹がいっぱいになりました。

尾西のものは、けっこう美味しいですね。