傍目八目

日々の思いをつらつらと

高橋たか子を読む


f:id:enaena38:20190211000147j:image


f:id:enaena38:20190211000209j:image

 

しばらくは氷点下の気温が続きそうですが、

昨年の春からこちらで暮らしている人、

それまでは兵庫県にお住いでした、

昨年の秋、10月の末になると、寒い、寒いを御一家全員が口にしていたのですが、先日、偶然お会いしましたら、今日は暖かいですねと。

その日は、少し気温が上り、プラス気温になっていた日ですが、たぶん、寒さに慣れたのでしょう、また、こちらの住居がとても暖かいと言っておられて。

私は、やっと解ってきたのだなと。

冬は確かに気温だけ聞くと寒いのですが、室内は断然暖かいのです。外は真冬で氷点下でも室内は24度ほどはありますから、ビールやアイスクリームも当たり前に。

 

私は、長い間、東京と札幌を行ったり来たりの暮しだったので、それは強く実感しています。冬に東京に行くと、決まって風邪をひいて帰ってきます。室内が寒いので、乾燥した空気の外に出ると、たちまち、震えがくる。

 

九州は冬でも暖かいだろうと、温泉旅行に行った友人は、寒くて、寒くて、2度と冬には行かないと言います。つまりは、旅館でもホテルでも、基本的に構造が違うので、北海道の断熱に長けた構造の建物に慣れた人には、寒い、、暖房設備も違うということでしょうか。

 

高橋たか子さんの本を読みました。


f:id:enaena38:20190211001922j:image

 

表紙が傷んでいますが、古書を買ったのではなく、我が家にあったもので、誰彼に貸して痛んだのだと思いますが。

 

「空の果てまで」は、作者とすると最初の長編小説になるはずです。

 

高橋たか子さんは、高橋和巳さんの奥様。

この作品は昭和48年に新潮社から刊行され、

昭和58年に同じく新潮社から文庫として出版されたものです。

 

随分古いものですが、、高橋和巳さんの作品を読んでいて、作者そのものに興味がわき、

奥様も書かれていると知り、、。

我が家は、沢山の本がありますので、両親に訊くと、あるはずよとの答えで。

 

探すと出てきました。

表紙の絵は、麻田浩さんの作品ですね。

 

読んでいて、苦しくなる作品でした。

 

人間の憎しみ、憎悪についてがテーマのようで。

主人公は、久緒という素敵な名前の女性ですが、なんとも、憎悪のかたまり。

 

「私のすぐそばに存在する者は、私は絶対に許せない」

肌を寄せあって、安心するような生き方に対して敵意を抱く。

彼女は友を、夫を、子供を、断ちきり、孤独地獄に生きる。

 

なんとも恐いお話で。

 

現代はさかんに、繋がりたい、顔も知らない赤の他人とまで繋がりたいと熱望して、

SNSなども盛んです。

 

そのようなSNSに熱を入れる人達とは対極の考えであって。

 

よーく出来た作品ですが、人間の持つ、憎悪という感覚を鮮明に描いた作品ではないかと思います。

ただ、後味は良くない。

息苦しさが残ります。

でも、さすが高橋たか子さん、文章が抜群で、読まされてしまうのです。

 

文章が上手いとは、このような事なのだと。

長いものでも、ついつい読んでしまう。

今風の本ではないので、空白行などは一切無い、びっしりと字がつまっていますが、読んでしまいます。

 

女性、男性、どちらも、よくよく自分をみつめてみると、憎悪はあるのかもしれません。

 

身近な人ではなく、向け方として、政治であったり、教育であったり、環境であったり。

 

作者はたぶん、それを言いたかったのではと。

良い子ぶって、善人ぶって、、いたとしても、あなた達、きっと、憎悪というものは大なり小なり持っているのよ、、。と。