傍目八目

日々の思いをつらつらと

事始め


f:id:enaena38:20190102162541j:image

1月2日は事始め、、。

 

事始めとはいえ、特別何もせず。

新年の挨拶のお客様が多く。

 


f:id:enaena38:20190102182429j:image


f:id:enaena38:20190102162742j:image


f:id:enaena38:20190102162755j:image

数の子の味付けが今年はイマイチ。


f:id:enaena38:20190102162907j:image


f:id:enaena38:20190102162935j:image

金時豆は私が煮た。少し柔かった。

 

合間に、新聞。元旦版。読売と朝日と道新。一応全部目を通さなければ気がすまず。

 

読売新聞の記事に興味あるものが。

 


f:id:enaena38:20190102163537j:image

鎌倉時代歌人藤原定家さんの書が載っていて。更級日記を書写したもの。


f:id:enaena38:20190102163723j:image

 

春の展覧会の案内で宮内庁で所蔵しているものの展覧会らしく。元号が変わるので、このような催しも多くなるだろうとは。

宝物などには興味はないけれど、この書が展示されるとなれば、、この目で見たいと思って。

それにしても、藤原定家さんの書は素晴らしい。仮名を書いて、流麗ではない、男性的な書。

書道の御手本では、よく目にしたものですが、あらためて、良い書だなぁと。

 

鎌倉時代のものが残っているということにも感慨深く。

墨は経年劣化が少ないのだろうけれど。

 

自然素材の紙に自然素材の墨で書く。

自然素材の強さだろうか。