傍目八目

日々の思いをつらつらと

強いとみるか、寂しいとみるか


f:id:enaena38:20181222121151j:image

 

空き地に、どんぐりの木がぬっくと1本。

天つくような高さで、よくまあ、生きて、生きて。

地震があっても、ひどい強風で、沢山の木々がなぎ倒されていても、残っている。

 

葉が落ちてしまい、裸木になったとしても、

ぬっくと立つ姿は、勇ましく。

 

強い木とみるか、寂しい木とみるか。

 

正式名など知らないけれど、

秋になると、地面がどんぐりで埋まるから

どんぐりの木らしい。

 

みんな、どんぐりの木と信じて疑わず、

いいじゃないかな、どんぐりで。

 

強い木と、私はみたい。

 

来年も元気で生き抜いてほしい。


f:id:enaena38:20181222121842j:image

 

穏やかな天気模様の土曜日。