傍目八目

日々の思いをつらつらと

水曜日、週の真ん中。

 

  意外に冷え込みも感じることなく、たぶん寒さに体が慣れてきたのだろうけれど、

歩きながらの「寒い!寒い!」のつぶやきが無い日だったように思う。

 


f:id:enaena38:20181212223753j:image

近所の公園のラクダさん。ここは、冬の間は

雪捨て場になるので、公園として遊ぶことは出来ないみたいで、ブランコなど遊具は外されている。水も止められて。

 


f:id:enaena38:20181212224038j:image

 

坂道、また平地でも凍結しやすく、滑るところに置かれている砂袋。気付いた人が砂を撒いておく。歩道にも車道にも。

先日、いつもの坂道を楽しんで登っていたら、車が横滑りして立往生していた。

 

坂道で尚且つ、日あたりの悪い場所は凍結しやすくなるのだろうが、転んで腕を骨折した人が知人に二人、転んで尾てい骨を複雑骨折した人が一人。

冬の間は、日あたりの悪い坂道は歩行にも注意しなければ。

 


f:id:enaena38:20181212224652j:image

 

姫リンゴの実、案外強くて、雪が降ってもいまだに元気で。

 


f:id:enaena38:20181212224755j:image

 

レトルトカレーの中で、今のところ、一番食べやすい、美味しいと感じているのは、

函館の老舗レストラン五島軒のカレー。

いろいろ種類はあるけれど、このパッケージのものが一番シンプルでイヤミがなく美味しい。

 


f:id:enaena38:20181212225220j:image

無印良品の醗酵ぬかどこ、美味しい、美味しい、足し糠を買っておかねばと思っていたら、追ってまた、送ってくれた。

持つべきは友。ありがとう。

 


f:id:enaena38:20181212225442j:image

 

ワンちゃんなのか、くまちゃんなのか、

プレゼントしてくれた主も不明らしくて。

大きくて、ぺたんと平ったくて、

抱き枕のような。膝に乗せるとウールの膝掛けより暖かく。


f:id:enaena38:20181212225701j:image

 

可愛いけど、ソファ一人分は占領しちゃう。存在感大だけど、可愛い。

くったり君と命名

 

本を読んでるか、雑誌をながめているか、

居眠りしている、

 

それが私のイメージみたいで。

 

膝に乗せて本を読んで、眠くなったら、ピローにしてくれたらよいとか。

ありがとうございます。

 


f:id:enaena38:20181212230025j:image


f:id:enaena38:20181212230041j:image


f:id:enaena38:20181212230055j:image

 

北杜夫さんの「マンボウのおもちゃ箱」。

45年前に買った本、単行本で380円ですから、物価の違いを感じます。

今は、文庫本でも千円近いですから。

うちは古書店でもないのですけど、私の感覚で、親や祖父母の本の中で、これは私が読むわとか、読んで良かったと感じたものは、捨てずに残してあります、なので、蔵書が数万冊になるのですが。

 

友人達は、真面目に、いつか、ブックカフェを開いてほしい、開くつもりじゃないの?

などと言って。

でも、それは無い。私は好き嫌いが激しくて、お客様商売には向かないはずで。

始終ニコニコ顔は、ストレスになる。

 

この「マンボウのおもちゃ箱」

とっても面白い。エッセイ集、創作も2つほど入っていますが、ひとつの作品が3ページか4ページ。

さっと読めて、ケタケタ笑ってしまうところも。余り古さを感じないのは作者の筆の力でしょう。物価だけは、安くてびっくりですが。

 

1927年生まれで、2011年84才で亡くなったのですが、お父さんは斎藤茂吉、お兄さんは斎藤茂太

北杜夫さん含めて、三人みな、精神科医でありながら文学者。

北杜夫さんだけ、ちょっと異質な面もあったようで、巨額の借金、精神科医でありながら、ご自身が躁鬱病だったとか、そのあたりも、この作品に克明にまた、あっけらかんと書かれていますが。

 

さすが、上手い文章。読まされる文章で、

たまに、古いもの、その時代に人気のあった作品を読むことは良いと感じます。

 

大原富枝さんのものを読み、びっしり詰まったキレキレの文章に感嘆してしまい、

昭和の時代に人気のあった作家さんの作品を読みあさっています。

 

クリスマスの頃からは、お正月に向けて、家事が忙しくなり、読書時間も薄くなるはずで。今しかない、、意識で、読んで、読んで、読みまくり。