日々の思い

日々の思いを

思いとは逆に


f:id:enaena38:20181206150655j:image

 

インドア派、アウトドア派、地味、派手、

 

願うは、静かに家にいてソファーでも、自分の部屋のベッドにでも、寝転がって、読書でもしていたい。

たまにピアノ、たまに絵筆。

 

ところが実際は、ちゃかちゃかと動きまわって、寸暇を惜しんで本を読まなきゃ、会いたくもない人と会って、、一応はスマイルで、

こちらの要求なりを伝えなきゃ。

 

願いとは真逆の生活があるもので。

 

だら~んとした服を着て、だら~んと一日過ごせたら。

それが夢のようなもので。

侘しいったらない。

 

プレゼントだったら、モノはいらないので、

 

願いは、だら~んとした時間をください。

一人の時間をください。

 

先日、人生に悔いなしというおじいさんのお話をきいて。

 

欲張らなければ、誰もが人生に悔いなしと言えるはずと。

そうかなと。

私は欲ばりではない。

 

すると、そのおじいさんは、

 

あなたは、欲ばりだと。

忙しい、毎日、時間に追われて忙しい、

顔を見たらわかる、

 

沢山のものを手にして、

 

さらに欲を張っている、

 

静かに暮らしたい。

それは、欲なんだよ。

 

そんな風に言われて。

 

はたと気づく。

人間は、思いとは逆になるものなんだなと。

 

すると、そのおじいさんは、

 

まだわかりませんか?

 

あなたは、今の生活があなたなんだな、

与えられたものなんだな、

 

だら~とするようには生まれていないんだな、

 

忙しくあれこれ、人のため、社会のため、

会社のために動くのが、あなたの宿命みたいなもんだな。

 

占い師でもなく、えらーい人でもなく、ごくごく普通に生きてきた、おじいさん。

 

ははーん。私は欲ばりなのか。

無いものねだりをしているのかな。

 

おじいさんは、

 

きっと、いつか、年を取ったら、、

あなたの役目が終わったら、

その、だら~とする時間もくるはずだよと。

 

仙人のようなおじいさんは、

 

人生に悔いはないそうで。

これから数年のうちにお迎えが来ることも、

嬉しいことと思うらしい。

 

あの世に行ったら、自分の兄弟姉妹や親にも会えて、昔愛した女にも会える、先に行っちゃった、嫁さんにも会えるしな・・・と。

 

すごい、達観したんだなぁと。

 

清々しい表情のおじいさんは、

痩せ干そってはいても、生き生きとしていて。

 

欲張らないように。

 

私は、だら~としていたいという欲求は、欲になるらしく。