日々の思い

日々の思いを

秋晴れ


f:id:enaena38:20181126143537j:image

 

朝6時頃の東の空、ちょうど太陽が顔を出してきた瞬間。きれいだった。

 


f:id:enaena38:20181126143813j:image

この写真はお気に入り。

月曜日は眠い、、なんて言っちゃいけないけど、月曜日は大概眠い。

あくびを堪えている人多いな。

 


f:id:enaena38:20181126144143j:image

 

雪はきれいに溶けてしまって、またまたアスファルトとビルの世界になってしまい。

今日は日中の最高気温は9℃くらいにまで上がって、、暖気が戻った感じで、明日はさらに上がる予報。

上がったり下がったりしながら、、週末からまた雪マーク。

 

雪が消えると、やはり空気のしっとり感が消える。雪はありがたいものかも。

子供たちが、雪が消えた道路をガチャガチャスノーブーツのスパイクを鳴らして歩くのが、ちょっと気になったりして。

 


f:id:enaena38:20181126144827j:image

東野圭吾さんの『 赤い指 』。

長編推理小説東野圭吾さんの作品は、当たり外れはない。どれを手にとっても面白く、一気によませられる。プロットがたぶん、しっかり計算されているからなんじゃないかなと。  バラバラの素材が最後にはきちんと読み手に納得いくように収められる。

作者は理系の頭なんだろうなぁと。

 

普通のサラリーマン家庭。子供が一人いて、

奥さんと母親と。

壊れかかっている家庭。

主人公は、家に帰りたくなっていて。

そこで、事件が。

 

ありそうな話。

今年、似たような事件がありました。

 

親はどうあるべきか。

 

考えさせられるお話でした。

 

渡辺淳一さんの『 これだけ違う男と女 』。

エッセイでもあり、インタビュー集でも。

 

渡辺淳一さんは、医師でもあり、小説も沢山書かれていますが、男女の愛をテーマにしたものが多く。

 

この作品は、渡辺淳一さんの本音と思われることが書かれていて、なるほどと。

 

不倫を容認している。

オスとメスの考え方。

性愛と愛情の微妙な違い。

そもそも、、男と女は生まれながら違う、体の造りが違うのですから。

 

ドクター的に観る作者の眼、女性が本来的に好きな作者の感覚、。

 

面白い一冊でした。

 

ほっぺをつねってみたり、

濃いコーヒーを飲んでみたり、、

 

眠気は飛ばず。