日々の思い

日々の思いを

森を歩く

  札幌は人口約200万人の都市。

中心部はビルばかりで、東西に大通り公園が走っていて、緑多い街でもあるけれど、

冬になるとスキー場となる、手稲山、藻岩山に囲まれるように広がっている街で。

 

山はあるの?  山って、スキー場じゃなくて、

普通の山よ?

 

普通の山って、どんなのとこちらの方が、訊いてみたくなる。

スキー場と、一般的な山はイメージが違うのかもと。

 

少し、我が家の近辺、裏庭あたりを歩いてみる。今日は日中の最高気温が1℃ほどで、私は寒かった。

 


f:id:enaena38:20181123210947j:image

 

庭は陽があたり、ほんの少ししか雪は残っていない。

 


f:id:enaena38:20181123211114j:image

 


f:id:enaena38:20181123211133j:image

 

森の中にちょっとだけ入ると、空気が違う。

清々しい。気持ち良い。


f:id:enaena38:20181123211301j:image

 

まだ、熊がいるかもとか思うと、人家が見えるところまでで、あたふたと戻ってきた。

 

熊が出てきたら、食べられてしまったら大変なので。

 

でも、私はいまだ、野生の熊は見たことがない。登別かどこかの熊牧場で見て、歯が恐ろしいと思った記憶がある。

人間のお腹を食べる、臓器を食べるらしい。

 


f:id:enaena38:20181123211632j:image

これは、姫リンゴの木。

雪が随分落ちた。


f:id:enaena38:20181123211755j:image

 

これも庭の木。銀杏ではなく、、なんだったか、ずっと奥にある古い木。今年の秋に、姫リンゴや桜やライラックや、他、数本の木を伐ってしまった。

強風で傾いたのもあれば、老木で傷みがあるものもあって。

倒れると他の木に被害が出るらしくて。

 

樹木にはドラマがあるのだなと、しみじみ感じた。


f:id:enaena38:20181123212310j:image

昨日の写真。

かろうじて残っている赤い葉に雪。

きれい!!

 

街の中心部では、昨夜からクリスマスのイルミネーションが点灯された。年々、派手になってきて、少しくどい感じ。

あまりくどいのは好きではないので、、。

 

街から離れて森の中へ。

 

まさにへそ曲がりの私らしく。

 

勤労感謝の日、終了。