傍目八目

日々の思いをつらつらと

迷う、毎朝迷う


f:id:enaena38:20181119105354j:image

 

迷う、、大したものに迷うわけではなくて、

毎朝着るものに迷う、、スーツは定番だから良いとして、、迷うのはコート。

雪もないのに今からダウンコートもなぁ、、

今までは、今時分はハーフコートにしていたはずで。ウールにしてもダウンにしてもハーフコート。

それが今年は、腰周りが寒く感じて、腰が隠れるもの、、1枚仕立てのトレンチから、裏地付きのトレンチへ。

ところが、先週の金、土と夜は、その裏地付きのトレンチでは寒く感じて。

しっかりマフラーも手袋もしているのに。

風邪かなとも思いつつ。

今日は、ウールのノーカラーの少し厚めの膝までのコートにして、ふわふわスヌードに。

 

雪景色になると、白の世界になり夜でも明るくなる、「雪明かり」。

明るい感じになる分、寒さもピリピリ感じなくなるので、寒い寒いの感覚が当たり前だから敢えて口にも出さなくなり、、不思議なのは寒い、冷えるという身体の感覚が麻痺してくること。

 

毎年、冬の雪景色になるまでの、この時期が好きになれなくて。寒さもひどく感じて。

ハーフコートじゃ寒く感じるのは、多分に雪がないせいかもしれず。今年は、いまだ雪がなく、それが、グレーの重い空と相まって、

ずしんと寒さを感じさせているだろうか。

 

昨日は、若い人から中年、老年、どの年齢層の人も、、多分、観光客、または、嵐ファンのオッカケさん達、、他の土地から来ている、、、しっかりと冬装備だったこと。

ニットの帽子、ニットのマフラーや手袋、真冬用のコート、、、それでも、、寒いね、寒いね、、のつぶやきが聞こえて。

 

中国、韓国、台湾からの観光客が多く、、滞在期間も長い、、、

タブレット端末やiPhoneを手に、話しかけてきても、その手にしているiPhoneを見せて、訊ねてくるので、、訊かれる方も楽になったなぁと。

道を訊ねるとしても、端末の画面に行きたい処を示してある、マップに行きたい場所をマークしてある、、。

 

それにしても、私はよく道をたずねられる。

住んでいる札幌でだったら不思議もないけれど、先日も急用で都内の親戚宅へ、そこへ急ぎ向かっている最中に訊ねられた、それも韓国からの観光客だった、、

 

海外でも同じで、

それが余りにも不思議なのは、

ありありと日本人、日本人らしい日本人から

何やら必死につなぎあわせたような英語で、道を訊かれる。

 

「私、日本人です、、どうぞ、日本語で、、」

すると、大概は、少し必死さが薄れて、

 

「そうでしたか、、助かります、、実は、

・・・・・・までの道ですが、、この辺と思ったのですが、、」

 

空港でトイレを訊かれたこともある。

額に粒の汗、、その人も日本人だった。

 

 

訊きやすい感じなのよ。

優しそうなのよ。

このくらいは許せるのですけど、

「  あなた、何処へ行っても、我が町雰囲気で歩いているからじゃない?

図太い性格なのよね。」

 

はぁ?   どういう意味?

 

私は親切そうに見えるのだと、自分では思っているのですが。

 


f:id:enaena38:20181119113300j:image

 

鳥とゴボウのつみれ汁。フードプロセッサーに材料をぶちこむだけで、つみれはすぐ出来るので、、これ、お料理でもないけれど。

すりおろした生姜をちょっと入れて食べると体はポカポカで。