日々の思い

日々の思いを

顧客満足度


f:id:enaena38:20180918150812j:image

顧客満足度という言葉を、久びさに耳にした。先日6日の北海道胆振地方の地震、北海道全域が揺れ、その後、北海道全域が停電。

午前3時だったこともあり、眠っていて、全く気付かなかったという札幌在住の人もいるけれど、大方の道民は驚いたに違いない。

 

   あわててコンビニに走ったという話も沢山聞き、そして、電池も水もカップ麺もパンも、、多くのモノがコンビニの棚から消え、

閉店休業の店も。それは、電気が使えないからレジも使えず、流通がストップするとモノが入らず閉店するよりなかったのだろうけれど。

 

そんな中で、北海道に本社があるセイコーマート、こちらの人はセコマと呼ぶコンビニだけは、その後もほぼ店を開けていたらしい。

道内には約1100店舗、その内95%の店は開けていたらしい。

 

私自身もセコマについては良い話を沢山聞き、それも、今だけでなく、以前からコンビニの中では顧客満足度1位だったとか。

 

とにかく安い、ワインなどは本当に安い、

そして温かいお弁当などを提供しているホットシェフのコーナーなども、充実している。

温かいオニギリなども、よく知られている。

私は、セコマのクロワッサンが好きでよく買うのだけれど、やや大きめのクロワッサンは

生地はフランスのものを使い、店舗で焼いているとかで、下手なパン屋さんよりずっと格上。

 

セイコーマートは、広い大地に人口が少なく過疎地も多い北海道の人が買い物難民にならないように、また、地震だけでなく、冬には吹雪での多々障害もある故、道の行政とタイアップして、日頃からこのような災害に対しての準備、訓練をしてきていたらしい。

 

停電になっても使えるレジの端末機を各店舗に一台は置いていた、

停電の場合は、車のバッテリーから電気を引く、

各店舗にガス釜を用意してあった、

 

このようなことを聞くと、素晴らしいなぁと思う。

何もない時、普段から、万が一に備える企業。コンビニなどは、まさに、いざというときにこそ頼りになる場所であってほしいもので。

 

各家庭でも、セコマのように考えて、準備怠らないようにしたいもの。