傍目八目

日々の思いをつらつらと

手作り品は、

 

f:id:enaena38:20180827090358j:image

 

  ふと思いついて、手作りのモノを作る。

専門的に習ったわけではないので、自分流で。     

編み物も刺繍も洋裁も、全部、自分流。

教えてほしい、売ってほしいと言われても、困ってしまう。

 

以前、何気に余っていたはぎれで、花のコサージュを作りブローチに仕上げた、冬のコートに付けるつもりで。それが、周囲の人に評判が良く、作ってほしい、生地は同じでなくていいので、~色系で作ってほしい、、、簡単なものなので、

暇を作りながら、請われるままに作ってはプレゼントしていた。

本人から、その姉妹、姉妹から、その友達へと、、、お人好しと言われればそれまでだけれど、、、冬用のツイード地、けっこうお高い、、、30個以上は作ったはず。

 

それ以来、意地悪ではなく、作って売るつもりもなく、プレゼントしてお返しを期待するのでもないので、、欲しい、欲しいと言われても、ざっと作り方を説明して、自分で作るようにと。参考にした本があれば、本は貸すことにした。

 

ニードルケース。和柄クロスステッチでなんとかの手芸本を買って作ったもの。

裏をフェルトにしたので端の始末も簡単で、小さなもの故、手縫いで。使えている。バッグに入れて持ち歩く。

 

これを見た人が、、、それが全く知らない人。   レストランの化粧室で、化粧品などを入れてあるポーチから、口紅を取り出す時に一緒にポロンと飛び出て、床に落ちた。

それを隣にいた上品な和服の女性が拾って下さり、、、あの、、と。

古くなっていなければ、これを差し上げますと言いたかったが、昨年から使っていて、、。

 

店内に戻ってから私の席に来てもらい、作り方を説明する。

洋裁も和裁もされる方だったようで、手帳を出して、さらさらとメモを取られて。

 

自分の作ったものを素敵と言われるのは、とっても嬉しいことではあるけれど、私はたぶん、嬉しさ半分、恐怖半分かもしれない。

また、沢山作ることになったら大変!!

 

ニードルケースを良いと言って下さった方は、自分でも手作りをする方だったので、

説明しながら、メモする手元を見ながらホッとしていた自分に、なんともイヤな感じもして。