日々の思い

日々の思いを

絵本の力


のろのろスピードの台風が心配です。

大きな被害が出ないように願いますが、不要な外出は避けたほうがよいでしょう。

予報をたえずチェックすることも大切でしょうか。

 


f:id:enaena38:20180808125714j:image

 

子供時代に白雪姫の絵本は、女の子であれば誰もが一度は見ているはずですが、

時代が変われば、絵を描く人が変り、その時代に流行っている画家さんに描いてもらい絵本を作ります。

すると、まるで雰囲気の違うものが出来上がるものだなぁと。

 


f:id:enaena38:20180808130106j:image

 


f:id:enaena38:20180808130119j:image

 


f:id:enaena38:20180808130913j:image

 

荒井良二さんの絵です。独特の雰囲気がありますが、絵によって、白雪姫のお話のイメージもひどく変ります。

 

ちらっと、にがやかな雰囲気が・・・・・


f:id:enaena38:20180808131615j:image

 

 

私は田村セツコさんの絵が好きですが、

田村セツコさんが白雪姫を描くと、可愛らしさが全面に出てくるかもしれません。

 

白雪姫も、可愛らしかったり、美しかったり、賑やかでコケティッシュだったり、

 

絵本では、文章も大切ですが、絵、画の力は大きいと、最近思います。

 


f:id:enaena38:20180808131953j:image

 

こちらは、昨年でしたか、マックで貰った絵本。

景品であるにもかかわらず、しっかりした出来映えで捨てずにもっています。

この絵本も、文章云々より、ムーミンの画が素敵で。

 


f:id:enaena38:20180808132226j:image

田村セツコさんの画

 


f:id:enaena38:20180808132321j:image

宇野亞喜良さんの絵のファンが家族にいるので、絵を宇野亞喜良さんが担当している絵本は、ボロボロになっていても、捨てずに書棚にあり、

子供時代にながめる絵本の好みは、その子の絵の好み、色の好み、雰囲気の好みを示唆しているのではと。

 

なれば、子供が幼い頃には、本当に吟味して良い絵本を与えてやるべきかと。

 

子供の性格形成にも影響してくるのではとも思い。

 

今は、大人のための絵本も沢山出ていて、書店でも絵本を熱心に楽しそうに開いている大人の女性もよく目にします。

 

絵で癒されるということもあるでしょう。

絵本の力を感じます。

子供だけじゃなく、大人も絵本を楽しんでみる、、、素敵なことですね。