日々の思い

日々の思いを

孤独について


f:id:enaena38:20180611230802j:image


f:id:enaena38:20180611230820j:image

 

下重暁子さんの「極上の孤独」

タイトルもさることながら、読み終わると、

孤独って、案外素敵なことよと思える一冊。

下重暁子さんは、元はアナウンサー故か、

多くの芸能人を登場させて語っているので、

言わんとするところが、非常にすんなりと伝わってきます。

 

孤独は寂しい、下手をすると悪のようにも見られがちで、そこを、明確に否定してみせてくれています。

美空ひばりさん、山口百恵さん、安室奈美恵さん、サッカーの中田英寿さん、

また、良寛さん、永六輔さん、、

みな、その道ではトップに登り詰めた人達です。若くして孤独を知っていたからこそ、

大衆を魅了できたのだ、孤独は成熟した大人こそが得られる極上の境地であると、説いています。

共感するところの多い一冊でした。

 

⭐️  大きな決断をする前に人に相談するな

⭐️  孤独を知らない人に品はない

⭐️  孤独を知る人は美しい

⭐️  組織のトップはみな孤独

 

などの章は、なるほどと思いました。

 

下重暁子さんの文章は、伝わりやすい、あっさりとしたもので、さらさらと読めます。

昨年亡くなった野際陽子さんとは、同じアナウンサー仲間でもあり、仲良しだったとかで、野際陽子さんに触れた個所は胸を打ちます。

 

下重暁子さんには、ずっと長生きしていてほしいと願います。まだまだ書いてほしいと思います。一人強く生きる術について。

 

今年の3月に出版されたばかりですが、非常に人気があるようで、

特別コーナーを作って展示している本屋さん、また、通路の真ん中にワゴンを置き、

この本だけを積んであった本屋さんも。

私も、つい手を出して買ってきましたが、

良い一冊だったなぁと。

本が売れない時代といわれて久しいですが、

売る努力をしている本屋さんは、いつも本好きで溢れています。

 

どんなことも、努力、たゆまぬ努力だなぁと。

 


f:id:enaena38:20180611233145j:image