日々の思い

日々の思いを


f:id:enaena38:20180309164614j:image

3月には珍しい雨

どしゃ降りの雨

積もっていた雪の高さが

グングン低くなる

出掛ける時と、戻った時では

まるで違う造形になっていて

雨だから暖かいのかなと

それが違っていて

風が強くて強い雨が走り

寒かった

薄手のダウンの七分コートが

雨で濡れて

傘をさしていたのに

私の前をあるく男性も子供も学生も

傘などささずに

足取りは軽い

冬からの解放

重い冬からの開放を

彼等はからだ全体で現しているような

3月は別れの月でもあり

花屋さんに、いつも人が群れていて

雨は嬉しい

3月の雨は、春の予感、確かな予兆

だから