日々の思い

日々の思いを

ミモザの日


f:id:enaena38:20180308131747j:image


f:id:enaena38:20180308131808j:image  
f:id:enaena38:20180308132329j:image

 

 今日はミモザの日、イタリアではミモザの日は、男性が日頃お世話になっている女性へミモザの花を贈る日とか。

なんとなく素敵です。

何を贈ってもらったとしても花より勝るものはないように私は思うのですが。

 

国際婦人デーでもあるそうで、女性の地位は向上しているようでいて、ただ単に公告として使われている女性も多いようにも思えますが。

 

    何にしても凝り性で、せっかちで、少々、眼の疲れがひどくても、次々と仕上げて。

刺し子のものは、ふきんとして使わなかったものは、未だしゃんとして、花瓶敷きにパン籠に、フルーツ籠に埃よけとして使っています。木綿の布に木綿糸ですから、汚れたら、ザブザブ洗えるのも良いですね。

 

   刺し子を十枚ちょっと作ってから、はまったのはカウントステッチ。

一般的な刺繍糸で、刺し子感覚で刺して作る。ピンクッション、ブローチなどは、使えていて、、難しい刺繍とは違うので、作りあげるまでに時間も短くストレスがなく。

 

   今日は小雨が降っていて、一雨ごとに春に近づくのだろうなぁと、ちょっとだけ、心もウキウキして。

 

ミモザサラダはミモザの花からとか。

ゆで玉子の黄身を裏ごしして、野菜に散らして、まさにミモザの花そっくりです。

 

   今夜は、ミモザサラダを作ろうか。