傍目八目

日々の思いをつらつらと

花の命

花の命は短く

誰もが、ちょっと立ち止まって眺めていた木々の花。 盛んに咲いている瞬間は、目を見張るほどに美しく、目を惹き付けられもするが、 あれだく盛んに咲いていた花が散ると、あとは残骸感だけが残る。 庭を次々とカラフルな花で埋めたい人と、木々だけでよいと…