傍目八目

日々の思いをつらつらと

私の詩

「目をつぶりたい」 ある日 ふと 母の後姿に苦悩をみたように感じた。 細い首を 心もち下に向けて 一心に ネギを刻んでいた。 トン、トン、トン、トンと、 切れ目なく ネギを刻んでいた。