傍目八目

日々の思いをつらつらと

にわか雨で

金子みすゞさんの詩

「お日さん、雨さん」 ほこりのついた しば草を 雨さんあらって くれました。 あらってぬれた しば草を お日さんほして くれました。 こうしてわたしが ねころんで 空をみるのに よいように。 詩人の金子みすゞさんが、もっと長く生きていてくれたら、こんな…