傍目八目

日々の思いをつらつらと

お気に入り

超短編

氏田雄介さんの「54字の物語」 昨年は「あたりまえポエム」で楽しませて頂きましたが、今年はなんと54文字で物語です。 9×6の原稿用紙を用意して書くのですね。 Twitterでも騒がれていて、急きょ、54字の物語を募集中のようです。 きちんと物語になっています…

涼しいくらいになって。

昨日は、暑くて暑くて、、今日は昨日より 9℃近く下がって、風も強く。 風になびくラベンダー畑 外壁装飾が、気になって。 花はいいな、、。 マンホールの蓋を写真に撮ってる観光客がいて、私も。 水辺のあるところ、最近ヒグマが目撃されたとかで、危険、注…

北海道にこだわるわけではないけれど。

北海道出身の作家さんの作品ばかりを選んで読んでいた時期があり。 矢口敦子さんの『償い』は、強く印象に残っています。 矢口敦子さんは1953年生まれなので、今年は65才になられます。函館市出身。 多くの作品がありますが、『償い』が出版されるまでは、あ…

じゃがいもアレコレ

芋好きです。 じゃが芋も、さつまいもも、里芋も、長いもも、芋は好きです。 なかでも、ジャガイモが一番好き。 種類も豊富で、北海道では産地なので、やはり美味しい。 特に、昨今では、秋に収穫されたものを、低温で寝かせたものが、春から売り出され、 7…

久びさに、ただ、ただ、面白かった!

本多孝好さんの作品は、読み始めると止まらない。 次々と短い文章が、これでもか、これでもかと・・・・・・・。 亡くなった人のデジタルデバイスからデータを消去する仕事の二人の男性のお話。 連作短編集。主人公の二人の男性も魅力的で。ドラマ化されて、、今夜…

大人になっても、カワイイはカワイイ!

この本を見せてもらって、田村セツコさんの画の可愛らしさにうっとりで。 少し、イラッとしたりした時に眺めると、気分が変わる。可愛らしさに、ホンワカしてきて。 田村セツコさんは、現在は80才ほどのはずですが、いまだ元気で創作活動を続けているらしく…

湿気、湿度、じめじめ、嫌です。

梅雨の時期に限らず、マンションなどは、湿度の管理が大切です。 最近は、炭の調湿力を生かして、床下に炭を敷き詰める炭の家なども流行ってきましたが、、汗をかくシーズンは靴の匂いも気になるものです。 化学的に匂いを消す商品もいろいろ出ていますが、…