傍目八目

日々の思いをつらつらと

2018-03-07から1日間の記事一覧

気になった本

刺子、一目刺し、十字花刺し。刺し子もやりはじめると夢中になり、黙々と刺していれば良いので、気分転換になる。 晒木綿に製図して、木綿糸で刺したものなので、本来はふきん。 ただ、なかなか美しく、ふきんというより、花瓶敷きにしたり、キッチンでフル…

捨てられない本

松本清張さんと三島由紀夫さん。 二人のバトルはご存知の方も多いようですが。 三島由紀夫さんは、松本清張さんを文学者仲間として受け入れなかった。 松本清張さんは、黙っていない、 三島由紀夫さんの文学的才能について、 、言っちゃう。 お二人とも鬼籍…

好きな詩

夜露死苦現代詩 暴走族の青年の詩より 「天から貰ったこの命 咲いて散るのが我人生 たとえこの華散ろうとも 一生一度の青春を 地獄で咲かせて 天で散る」 俵万智さんのサラダ記念日より 「また電話しろよと言って 受話器置く君に 今すぐ電話をしたい」 谷郁雄さ…

大人のための絵本

2008年に日本で発売されると爆発的に売れた絵本です。 大人のための絵本。これからママになる人に、すでにママになった人に、遠い昔にママになった人に。 子育ては楽しいことばかりではありません、辛い、悲しい、理解しがたいことも、沢山、沢山あるはずで…

読書

押しつけがなく、あれを読め、 これは読まなきゃだめなどがなく、 作者の読書についての考えを淡々と書かれていて、気持ちよく。 丹羽さんは、伊藤忠商事の前会長、また 民間人でありながら元中国大使も勤めた方。 ビジネス界では読書家として知られています…