傍目八目

日々の思いをつらつらと

久々に。


f:id:enaena38:20191213184357j:image

 

最近は、忙しいのか、写真を撮ることも殆どなくなり、絵を描くこともなくなって、はてなさんに投稿するのも遠のいてしまったような。

 


f:id:enaena38:20191213184600j:image

 

冬にしては珍しく雨が降ったり、気温がやけに高くなったり、、ダウンのコートから薄手のコートにしてみたり、、不思議な気象に体が付いてゆくのがやっと。

 

 

インフルエンザが本格的に流行り始め、小学校などで学級閉鎖が出てきているとか。

 


f:id:enaena38:20191213184952j:image

 

 

 

寒かったり、暖かくなったり、子供達も調子を崩すのだろうなぁと。

 


f:id:enaena38:20191213185111j:image

 

夕方5時には、すっかり暗くなる時期で、こんな時期だからこそ、雪が沢山降ってほしい。

雪景色になると、雪明かりで幾分明るいので。

 


f:id:enaena38:20191213185348j:image

 

ななかまどの実は、美味しくないのだろうか、カラスも口に入れて、ぴっと吐き出している。

 

金曜日、明日はゆっくり寝ていたい。

一晩で雪景色に。


f:id:enaena38:20191116230738j:image

f:id:enaena38:20191116230711j:image

昨日は、朝起きてカーテンを開けると、一面が真っ白の雪景色になっていて、それも、静かに静かに降り続いていて、例年とは違う初雪風景でした。

 


f:id:enaena38:20191116230951j:image

 

きれい、きれい!と、雪にみとれつつ、のんびり歩いたせいか、少し風邪をひいたようで、今朝は葛根湯を飲んだり、栄養ドリンクを飲んで、ネギと生姜たっぷりのおじやを食べたりと、、風邪飛んでけ!対策でした。

 

巷では、咳が出て喉が痛い風邪が流行っているかと思いきや、鼻水ばかりがズルズル出て、頭痛が激しい風邪も流行っているとか。

 

寝込んではいられないので、早くに風邪退治をしたいところで。

今時間、やっとスッキリした感じになってきましたが、お昼は鍋焼きうどん、夜はすき焼きと生姜ご飯と、体を温めるメニューばかりを食べたおかげもあるかなと。

 

終日、体がだるいせいもあってか、だらだら、のんびり過ごして、このようなだらだら日も、月に1日ぐらいはあったほうが良いだろうなぁと。

 


f:id:enaena38:20191116231820j:image

 


f:id:enaena38:20191116231844j:image

 

この時間も静かに降っているので、明朝は少し積もっているはずで、毎年、初雪は降っても日中すぐ溶けて消えてしまうので、今年の初雪のタイプはちょっと違うのではと思ったり。

 

だらだらしながら眺めていた詩集。

谷川俊太郎さんの詩集ですが、中高年の愛を詩っています。

 


f:id:enaena38:20191116234637j:image


f:id:enaena38:20191116234650j:image

 

日本語で。下に英語で。左のページには佐野洋子さんのエッチング作品が。

 

佐野洋子さんの作品は男女ともに裸。

愛の詩ですから、なかなかセクシュアルな作品もありますが、そこは詩人の力でしょう、

イヤらしさがありません。

 

以下、引用です。

 

 

「日々」

私たちは別々の家で別々の物語をいきていた
雨だれが聞こえる朝 風が窓を鳴らす午後
その終わりがただひとつであることを知らずに
あなたの眠らなかった夜を私は眠ったが
私の知らないあなたの日々は
私の見た夕焼け雲に縁どられていた

 

 


「旅」 

修道院の前庭のオリーブの木陰で
あなたは本を読んでいる
まるで自分の家にいるようにくつろいで
白昼の風景に溶けこむあなたの静けさ
そこから影のようにひとつの言葉が生まれ…………
あなたは私に向かって顔をあげる

 

 

 

「指先」

指先はなおも冒険をやめない
ドン・キホーテのように
おなかの平野をおへその盆地まで遠征し
森林限界を超えて火口へと突き進む

 

 

初雪


f:id:enaena38:20191107212450j:image

 

やっと初雪。今年は遅いらしいですが、雪というよりは霙。

 

冬が始まりました。雪を喜んでいるのは私くらいでしょうか、、周囲の人達は、わぁー雪、、嫌だ~雪、、、寒い寒い冬の兆しにウンザリ気味のようですが。

 

乾燥した空気より、しっとりした空気のほうが私は好き。

街の中が白い雪で埋まると、寒さより美しさに心が和みます。

 

今年は紅葉がとてもきれいでした。

寒暖差が激しいと紅葉が美しくなるそうですが、何処へ行っても、紅葉が美しく目を奪われました。

その紅葉も終わり。


f:id:enaena38:20191107213119j:image

 


f:id:enaena38:20191107213140j:image

 


f:id:enaena38:20191107213222j:image

 


f:id:enaena38:20191107213250j:image

 

今日は、お餅を食べました。

ご近所さんから頂いたそうで。

つきたての柔らかいお餅。

 

お醤油にちょっとハチミツを混ぜて、お餅にタップリつけます、そして、少し贅沢ですが、

海苔一枚の真ん中におき、ふくさのようにお餅を包んで食べます。

 

毎年頂くのですが、ご主人がお餅作りに凝っていて、バター餅、紫蘇餅など、いろいろ挑戦しているようで、今年はチーズ餅も頂いたそうですが、私の分はありませんでした。

 

明日の朝は道路に雪があるかもとの天気予報で、ブーツを玄関に出して、コートも少し厚手のものを用意して。

 

ちょっと子供のように明日の朝の雪を待ち望んでいます。

 

手袋も、マフラーも、準備万端です。

 

 

ちょっと可愛い冊子をみつけまして


f:id:enaena38:20191101214917j:image

 

生協、たぶん、生協北海道で出している冊子。

チョコット。

お店のレジに沢山積んであって、自由に頂けるそうです。

 

家のキッチンのテーブルに置いてあったものですが、なかなかに良い冊子で、内容も良く。

あらあらと少し驚きもして。

 

今月は、じゃがいも特集のようで、表紙のスィーツ風の写真は、すべて、じゃがいもで作ったとか。

 

じゃがいもは種類が多く、ただいま、じゃがいもの季節まっさかり。


f:id:enaena38:20191101215443j:image

 


f:id:enaena38:20191101215520j:image

 

じゃがいもにまつわるお話。

じゃがいもの家庭料理。

プロのシェフが作る、じゃがいも料理。

内容は充実しています。

 


f:id:enaena38:20191101215647j:image

 

我が家の今夜の夕食に、早速、「じゃがいもちぢみ」を食べました。

美味しかった。すりおろしたじゃがいもに、

刻んだキムチ、小ネギを加えて、フライパンでゴマ油で焼いただけですが、圧倒的に美味しかったです。

 

じゃがいもは、男爵を使ったようで、キタアカリなどを使うと、甘みも出て、さらに美味しくなるはずですが。

 

芸術の秋、読書の秋、食欲の秋、

 

食欲ばかりが際立った秋も終わりますが、

私は、美味しい、美味しいと食べてばかりで、

2キロほど太ったようで。

 

明日から気温がぐっと下がるようで、風邪をひかないように注意したいところ。

 

虹に祈る


f:id:enaena38:20191031225244j:image

 

昨日、今日、にわか雨があった。

晴れて秋らしい澄んだ青空かと油断しているとザァーッと雨。

 

そのおかげで虹を見ることが出来た。


f:id:enaena38:20191031225451j:image

 


f:id:enaena38:20191031225505j:image

 

虹は、太陽光がなければ現れない。

太陽があって、雨粒があって、その雨粒を太陽光が通って、美しい虹が出来る。

 

詳しく書くのは省きますが、太陽だけでは出来ず、雨が降って、雨があがっても、曇り空だと虹は出来ない。

 

昨日はやけにくっきり、ハッキリした虹で根本まで行けそうな感じだった。

 

登校途中の小学生の女の子が、虹に向かって手を合わせて祈っている姿があって、、虹に何を祈っているのかなと印象に残った。

 

虹に願うと、もしかしたら、叶うのかもしれない。そんな気持ちにもなる虹だった。

 


f:id:enaena38:20191031230314j:image

 

蔦も、ここまで揃って赤くなると、芸術的で。

 


f:id:enaena38:20191031230521j:image

 

色を変えないオンコ。

 


f:id:enaena38:20191031230629j:image

 


f:id:enaena38:20191031230656j:image

 

ユリの花は枯れやすいと思っていたのが、案外、日保ちして、薔薇やかすみ草などより、ずっと長持ちしていて、驚きで。

 


f:id:enaena38:20191031230933j:image

 

人が集まる時、玄関や廊下やダイニングのテーブル、リビング、あちこちに花を飾る、けれど、花選びをしたことがなく、今回は初めて、花係をやってみて、いろいろ分かったことがあった。

花器の中に十円玉を入れておくと長持ちするらしいけれど、私は花屋さんから頂いた液体を入れた、、そのせいか、全体的に3日あまりは、傷む花もなく。

 

花を粗末にしないように!!

 

長いまま飾ったリビングや玄関の花々は、日々水を取りかえる時に茎を切りながら、小さな花器へと移し、、最後は一輪挿しへ。

 


f:id:enaena38:20191031231824j:image

 

先週は雪虫が大量発生して、夕方はコートにも顔にもバッグにも沢山付いて大変でした。

 

明日から11月。

そろそろ初雪でしょうか。

雪虫の大量発生の1週間から10日後くらいに、初雪が降るらしいので。

 

いよいよ秋も終わり、冬。こちらでは長い冬、雪の季節の到来です。

 

虹に私もお願いをするとよかったなぁと。

11月は、良い月に、静かに平和に過ごせる月になってほしい、、そのように手を合わせて祈りたかったです。


f:id:enaena38:20191031232507j:image

 

これは、先月見た虹。

 


f:id:enaena38:20191031232603j:image

 

銀杏は秋がキレイです。

見事ですね。

 

後悔することと泣くこと。


f:id:enaena38:20191023191633j:image

 

紅葉がきれいな時期になりました。

 


f:id:enaena38:20191023191711j:image


f:id:enaena38:20191023191722j:image

 

あの時、ああしていたら、こうしていたら・・・。

 

後悔をする人は、泣くそうです。

 

自分の生きてきた過去を振り返り、

もしもあの時、、との思い。

 

後悔しても、時間は戻らない、戻らないことは百も承知故に、涙が出てくるそうです。

 


f:id:enaena38:20191023192016j:image


f:id:enaena38:20191023192039j:image

 

札幌大通り近辺の写真。

札幌はきれいな街です。


f:id:enaena38:20191023192137j:image

 


f:id:enaena38:20191023192204j:image

 

後悔することと、泣いてしまうことって、関係ありそうで無さそうで。

 

よく涙ぐむ人は、言葉を変えれば、後悔して泣いているのかもしれないことは、確かかもですが。

 


f:id:enaena38:20191023192412j:image


f:id:enaena38:20191023192434j:image

 

札幌駅から南方面を見ると。

碁盤の目状に道路が整備されているので、

迷子にはなりにくい街です。

 


f:id:enaena38:20191023192614j:image

 

大通り公園12丁目は薔薇園。

大発見でした。今年はもう終わりですが、来年は通いつめそうです。

広い敷地に沢山の種類の薔薇を植えています。

香りに癒されます。


f:id:enaena38:20191023192840j:image

 

その薔薇園にはベンチがあちこちに設置されているのですが、もう殆ど枯れて残り少なくなった薔薇を眺めて、涙ぐんでいる男性がいまして。初老の上品な男性で。ちょっと、気になりました。

 

後悔しているのかな、何かを、何かに対して後悔しているのかなぁと。

 

全然違って、目の中に埃でも入っただけかもしれませんが。

 

余計な想像、、迷惑な話ですね。

 


f:id:enaena38:20191023193305j:image

 


f:id:enaena38:20191023193331j:image

 

まだ、確証はありませんが、後悔する人は涙ぐむ、静かに泣く、、ようです。

紅葉


f:id:enaena38:20191016225307j:image

f:id:enaena38:20191016223653j:image

 

今年はいくぶん紅葉が早いようにも感じる。

 


f:id:enaena38:20191016223743j:image

 

台風19号の被害がひどく、驚きながらも、これからはこのようなタイプの台風が増えてくるようにも思い。

地球の温暖化が原因のひとつであるとすると、

やはり、私達は日々の生活を見直す時が来ているのだろうかとも。

 


f:id:enaena38:20191016224045j:image

 

秋の紅葉。春の梅や桜は楽しんでも、秋の紅葉は今一つ興味がわかないという家人もいて。

 


f:id:enaena38:20191016224224j:image

 


f:id:enaena38:20191016224253j:image

 


f:id:enaena38:20191016224317j:image

 


f:id:enaena38:20191016224344j:image

 

家の庭、近くの街路樹、出先でみつけた公園、

美しい紅葉をみつけると、しばらく身入ってしまう。

 


f:id:enaena38:20191016224529j:image

 

ヤマボウシの実。来年また白い美しい花を咲かせて下さいね。

 


f:id:enaena38:20191016224645j:image

 

木々の紅葉に人間の生涯を重ねてみてしまい。

 

一枚、一枚葉を落とし、裸木になっても、強く強く天を仰ぐ木々に、私は自分の心を託しているのかもしれない。

 


f:id:enaena38:20191016223653j:image

 


f:id:enaena38:20191016225346j:image