日々の思い

日々の思いを

水曜日、週の真ん中。

 

  意外に冷え込みも感じることなく、たぶん寒さに体が慣れてきたのだろうけれど、

歩きながらの「寒い!寒い!」のつぶやきが無い日だったように思う。

 


f:id:enaena38:20181212223753j:image

近所の公園のラクダさん。ここは、冬の間は

雪捨て場になるので、公園として遊ぶことは出来ないみたいで、ブランコなど遊具は外されている。水も止められて。

 


f:id:enaena38:20181212224038j:image

 

坂道、また平地でも凍結しやすく、滑るところに置かれている砂袋。気付いた人が砂を撒いておく。歩道にも車道にも。

先日、いつもの坂道を楽しんで登っていたら、車が横滑りして立往生していた。

 

坂道で尚且つ、日あたりの悪い場所は凍結しやすくなるのだろうが、転んで腕を骨折した人が知人に二人、転んで尾てい骨を複雑骨折した人が一人。

冬の間は、日あたりの悪い坂道は歩行にも注意しなければ。

 


f:id:enaena38:20181212224652j:image

 

姫リンゴの実、案外強くて、雪が降ってもいまだに元気で。

 


f:id:enaena38:20181212224755j:image

 

レトルトカレーの中で、今のところ、一番食べやすい、美味しいと感じているのは、

函館の老舗レストラン五島軒のカレー。

いろいろ種類はあるけれど、このパッケージのものが一番シンプルでイヤミがなく美味しい。

 


f:id:enaena38:20181212225220j:image

無印良品の醗酵ぬかどこ、美味しい、美味しい、足し糠を買っておかねばと思っていたら、追ってまた、送ってくれた。

持つべきは友。ありがとう。

 


f:id:enaena38:20181212225442j:image

 

ワンちゃんなのか、くまちゃんなのか、

プレゼントしてくれた主も不明らしくて。

大きくて、ぺたんと平ったくて、

抱き枕のような。膝に乗せるとウールの膝掛けより暖かく。


f:id:enaena38:20181212225701j:image

 

可愛いけど、ソファ一人分は占領しちゃう。存在感大だけど、可愛い。

くったり君と命名

 

本を読んでるか、雑誌をながめているか、

居眠りしている、

 

それが私のイメージみたいで。

 

膝に乗せて本を読んで、眠くなったら、ピローにしてくれたらよいとか。

ありがとうございます。

 


f:id:enaena38:20181212230025j:image


f:id:enaena38:20181212230041j:image


f:id:enaena38:20181212230055j:image

 

北杜夫さんの「マンボウのおもちゃ箱」。

45年前に買った本、単行本で380円ですから、物価の違いを感じます。

今は、文庫本でも千円近いですから。

うちは古書店でもないのですけど、私の感覚で、親や祖父母の本の中で、これは私が読むわとか、読んで良かったと感じたものは、捨てずに残してあります、なので、蔵書が数万冊になるのですが。

 

友人達は、真面目に、いつか、ブックカフェを開いてほしい、開くつもりじゃないの?

などと言って。

でも、それは無い。私は好き嫌いが激しくて、お客様商売には向かないはずで。

始終ニコニコ顔は、ストレスになる。

 

この「マンボウのおもちゃ箱」

とっても面白い。エッセイ集、創作も2つほど入っていますが、ひとつの作品が3ページか4ページ。

さっと読めて、ケタケタ笑ってしまうところも。余り古さを感じないのは作者の筆の力でしょう。物価だけは、安くてびっくりですが。

 

1927年生まれで、2011年84才で亡くなったのですが、お父さんは斎藤茂吉、お兄さんは斎藤茂太

北杜夫さん含めて、三人みな、精神科医でありながら文学者。

北杜夫さんだけ、ちょっと異質な面もあったようで、巨額の借金、精神科医でありながら、ご自身が躁鬱病だったとか、そのあたりも、この作品に克明にまた、あっけらかんと書かれていますが。

 

さすが、上手い文章。読まされる文章で、

たまに、古いもの、その時代に人気のあった作品を読むことは良いと感じます。

 

大原富枝さんのものを読み、びっしり詰まったキレキレの文章に感嘆してしまい、

昭和の時代に人気のあった作家さんの作品を読みあさっています。

 

クリスマスの頃からは、お正月に向けて、家事が忙しくなり、読書時間も薄くなるはずで。今しかない、、意識で、読んで、読んで、読みまくり。

 

 

 

 

 

 

私の詩 「 いつかのように 」


f:id:enaena38:20181211222922j:image

 

いつかのような優しさは何処へ行きましたか。

いつの日か、あなたは優しさに蓋をした。

いつだったか、あなたは微笑んでいて

真っ白い歯がちょっとだけ見えて

微笑んでいたのです。

その大きな瞳も嘘がなく微笑んでいました。

優しく。

いつかのような優しさは飛んで行きました。

遠く遠く、飛んで行きました。

嘘っぱちの微笑み。

嘘の微笑みばかりになりました。

優しさなんて、蓋をして、コンコンとトンカチで、決して出てきませんようにと。

深く、心の奥底にしまったのです。

優しさは飛んでいき、

微笑みはしまいこむと、

肩が軽くなりました。

飛んで、それは何処へ行きましたか。

優しさは飛んで行きますか。

飛ぶなど出来るはずもないはずです。

はずはずはずですか。

茶化すのはやめて下さい。

知っています。あなたの優しさを。

求めたりなどしません。

ただ、ただ、あなたの優しい微笑みを感じていたいのです。

いつだったのでしょう。

いつ頃のことでしょうか。

優しさ、優しい私。

そんな私が存在していたのですね。

優しい微笑み、嘘っぱちじゃない微笑み。

そんなこんなを思うと悲しくなります。

コンコンとトンカチでしまいこんだのですから。蓋をして。封印して。べったりと接着剤を塗って。

優しさを封印すると肩が軽くなりましたが、

ほんとのことを言っちゃうと。

殺伐としています。

毎日、毎日、殺伐としています。

もう戻れはしないのです。

優しさを封印して、生きているのですから。

 

 

 

 

 

辞書はいらなくなった?


f:id:enaena38:20181211140735j:image

 


f:id:enaena38:20181211140831j:image

 

最近は、辞書は必要なくなってるかもしれない、百科事典なども無用の長物になっている。

高校生なども、図書館内で勉強していても、

辞書を開くよりスマホを開いて調べている人が多い。

 

でも、辞書を真剣に、すごい情熱をそそいで作っている人もいて。

私は小さな辞書はあまり開かなくなっているけれど、広辞苑はよく開く。我が家のものはボロボロになっては買い換えて、何代目かのものを現在使っている。ググれば、辞書も百科事典もいらない時代かもしれないけれど、言葉ひとつにしても、しっかり確認するにはやはり広辞苑を開かなければ、すっきりしない癖になっているのかも。

 

ただ、百科事典はさっぱり開かなくなり、

ブリタニカのセットは、知合いが欲しいというので、もらってもらった。

所謂、インテリアとしてリビングに置くとか。我が家の書棚には、この黒表紙のものだけが残っている。

 

Wikipediaで、調べるだけで、今は殆んどの人が済ませてしまってるのかと思うと、少し、それでいいのかなとの思いもあり。

 

辞書が絶対正しいわけ?

百科事典が全部正しいって、証明できる?

Wikipediaに間違いがあるの?

 

とは、ある高校生の言葉。

 

間違いがあるとかではなく、単純に紙モノが好きってことで、なんて、そんなことでは逃がしてはくれなく。

でも、本にしろ、電子書籍より紙の本が好きだから、、。それで、納得してくれたようで。

 

古書店、、古い本を買い取る本屋さんでは、百科事典は買い取らないそうです。

 

冗談とは思いますが、我が家の本の量をみて、

「  あなたが死んだ時、大変ね、この本達は、

どうなっちゃうのかしら?  」

私は、、家族には、古書店を呼んで、まとめて買い取ってもらって。買い取らないのは捨ててと言ってある。

 

すると、教えてくれたのが、百科事典は捨てるしかないという話でした。

彼女は両親の遺品整理をして、、百科事典が売れないものの筆頭だったことを知ったそうです。

 

場所を取るものは、今は無用なのかもしれないと、、そして、辞書や事典を開く時間がなくなってきているのもあるのかなと。

 

今は、ロボットが家族、ロボットと暮らす、ロボットだけが友達という人もいて。

あと10年もすると、世の中には、まるで人間そのもののロボットが普通に歩いているかもしれないなぁと。

 

でも、でも、コンシェルジュのようなロボットだったら、私は、絶対欲しい!!

 

 

 

 

雑誌から


f:id:enaena38:20181210143803j:image

 

蔦の冬。枯れた感じが美しい。

 

たまに雑誌も買う。付録つきの雑誌というのが、付録が邪魔だけれど、欲しいという人もいるので、その人に付録はもらってもらい。

 

リンネル1月号の「 日めくりだより 」という記事が良かった。高山なおみさんが書かれたもので、高山なおみさんは確か、お料理の方の人じゃなかったかなと思いつつ。

 

そろそろ60才になられるんじゃないかなと。記憶違いでなければ。

 

お料理ではなくて、お裁縫の記事。

ほんわかしていて、私が望むところ。

 


f:id:enaena38:20181210144420j:image


f:id:enaena38:20181210144437j:image

チクチクと手縫い。チクチクとチェーンステッチだけの刺繍。

あるものを生かす生活。

シミがついたら、簡単に捨てちゃったりしないで、シミを刺繍で隠して、上質のものを大切に長く使おう精神。

フランスの主婦的でもありますが。

 


f:id:enaena38:20181210144743j:image

パジャマのズボンのシミを刺繍をして、目立たなくして使っているとか。

いいなぁと思って。

 

私も、カーテンなど、やってみようかと思ってしまった。

随分とお高くついた特注のカーテンなども、

冬の間の結露の水分が、少しシミになっていて。

良いヒントを頂いた感じで。

 

 

最近、我が家は、タオル類をガーゼのものに移行しつつあって。

 

夏に頂いた、ガーゼのタオルセットを使ってみて、吸水が良く、乾きが早い、肌あたりもソフトで。

今までは、同じ今治でもホテル仕様のふわふわモコモコを使っていたのだけれど。

 


f:id:enaena38:20181210145427j:image

 

我が家は、人数も多い、また、タオルやフキンなどについても、カラーにはこだわる。

同じような色が並ぶことになるので、随分前から、バスタオルとフェイスタオルについては、端っこに小さな刺繍をして、誰のものかを識別している。クローバー、ハート、三角、四角、丸、葉っぱ、などで。

それらは、刺繍というより、図柄を単純に糸でつぶしているだけなのだけれど、家族はそれぞれ自分のマークのものを使う習慣になっている。

 

高山なおみさんの記事が良いなあと感じたのは、難しい裁縫や刺繍ではない、生活の中に生かせる、、簡単だけれど、ちょっとした心遣いが感じられる手仕事、、それにつきるなぁと。

 

 

ガンガンに冷えている日。

寒さ本番。

今夜は、お鍋がいいかな・・・・

 

 

 

 

 

本格的に雪が降って。


f:id:enaena38:20181208234120j:image

昨年の今頃の写真。

空の色がきれいな青で残しておいたはず。

今日は空はグレーだった。

終日雪が降っていて、根雪になる、根雪になると喜んでいるのはスキーファンだろうなぁ。

雪景色になると、空気が澄みきって、寒くてピリッとしてはいても、関東の冬の乾燥した空気とはまるっきり違う。しっとりしている。

 

大通り公園を歩いていた観光客、たぶん台湾からじゃないかと思うけれど、

天を仰ぐようにして、口を開けて、雪を食べていた。

あらっ‼️  雪は汚いのよ、大気の汚物を食べてるようなものよと言いたかったけれど、

あれぐらい、口の中にパラパラと落ちてくる

雪をちょっと食べたからって、たいしたことはないだろうなぁと。黙って見ていた。

 

雪を知らない人には、きれいに見える、空から次々と舞い降りてくるフンワリ雪は、美しいに決まっている。

 

私も幼い時には、同じように天を仰いだ記憶がある。とっても綺麗だと感じた。

 

そして、ストーブというものの威力や危険も、べったり触って知った、、手で触ったのではなくて、お尻。

 

暖炉があって、それは、ありありと熱いし、火が燃えている様子も見えて、、危険は感知できて。

 

子供部屋、今も使っている2階の私の部屋は、当時はポータブルの灯油のストーブだった。見た目は、火が見えないし、

朝起きて、パジャマを脱いで、着替えをしていて、寒い寒いで、ストーブに近付き過ぎて、お尻をぺたっ。

お気に入りだったフリルが沢山付いたパンツが焦げて、お尻も火傷。

 

父がそれで、2階の各部屋は全てデロンギのオイルヒーターに変えたらしく。

 

お尻に痕が残ったら大変と母は随分心配したらしいけれど、小学生の時にはきれいに消えたようで。

 

その頃から、寒がりさんだったのかもしれない。我が家は、子供が3才になると、マイルームで一人で寝る決まりだったらしく。

ただ、私は、時折、枕を抱えて、夜中にヒソヒソと両親の寝室や祖父母の寝室に、お邪魔したらしく。

 

それは、決まって冬だったらしいから、理由は思い出せないけれど、寒いと一人は嫌だったのかなと。

 


f:id:enaena38:20181209001016j:image

 

無印良品の醗酵ぬかどこで漬けたニンジン。

 

人気商品と友人が言っていたワケが納得。

糠に塩や昆布やを仕込んで混ぜて、、1週間から10日はかかるような味が一発で出る。だから、醗酵ぬかどこなんだなと。

足すための糠は買っておこうと思った。

我が家にも糠床はあるけれど、味として私は気に入って。

家族の意見は半々で。家のものの方が美味しい派とに分かれた。無印良品の方は、いく分、酸味が強いかもしれない。

 

一緒に贈ってくれた、縫い目のないパンツというのが、祖母が大層気に入って。

見た目は、私にすると大きなパンツだなと思うのだけれど、縫い目がないので肌あたりが良いらしく。おばあちゃんにあげてねとメモがあったので。  

 

適材適所というのか、あの人にはアレ、この人にはコレと、、物販の会社に勤めていると、人のニーズが見当つくようになるのかもしれない。

 

今夜はカーテンを開けて、外の景色を眺めながら本を読んでいた。匂いに関する本を。

 

ひっそりと降り続く雪に、明日は、家族全員で除雪。

 

 

 

 

 

氷点


f:id:enaena38:20181207224456j:image

 

街の中から緑が消えた。

 

イルミネーションだけは、キラキラギラギラカラフルで。それが私は、あまり好きではなくて。

 

へそ曲がり。

 


f:id:enaena38:20181207225442j:image

 

昨日までは、玄関ホールの天井からは、空が見えたのに。一日で、雪でふさがり。

自然の驚異。

 

 

笑点 」 というテレビ番組がある、その笑点というタイトルは、立川談志さんが、

三浦綾子さんの小説  「 氷点 」をもじってつけたとか。

 

心が凍りつく瞬間を氷点として、三浦綾子さんのデビュー作でもあり、作者の一番のヒット作ではないだろうか。

 

三浦綾子さんは病弱で、ご主人のフォローがあって、沢山の作品が書かれたようで。

ご主人が口述筆記をされていたという話は有名で。

 

先月、札幌より北にある、車で約1時間、

旭川市まで所用で行った際に、ついでにと

三浦綾子文学記念館に立ち寄ってきて、

ざざっとしか観て来れなかったけれど、三浦綾子という稀なる文学の才能の持ち主の息吹きのようなものを感じることが出来た。

 

車で行ったと言っても、私が運転するのではなく、ドライバーさんに委ねているので、

車の中で待ってますと云われては、そうそう、長々とは観ていられないもので。

運転は出来ても、父に車を取り上げられた。

運転には性格が出るもので、私は一見はぼんやり、おっとりさんらしいのだけれど、

いざハンドルを握ると、負けず嫌いが出るようで。オチビさんの女の子が、レクサスなどを運転していると、走っていても、ヒャーヒャー冷やかす人もいて、、ツンツンと無視するのはよいけれど、、走りで負けたくなく。

 

で、、父は、危険予知能力があるのか、

車を取り上げ、車は社用車に。名義も会社に。私が買ったのに、、つまり、寄付したってことで。

 

私が所用で出掛けるときは、ドライバーさんが。

慣れると、それはなかなか楽チンで。

 

遠くまでの時は、後部席でグーグー寝る。

 

そんなわけで、文学記念館は、ざあーと観てきた。

 

ファンの人達の寄付で作られた記念館らしく。クリスチャンで、人間は平等で、誰もが幸せになる権利があり、人間とはどのように生きるべきかを、追求していた作家さんで。

ファンが多いのだろうなぁと。

 

「 氷点 」は、1964年の12月から、約1年間朝日新聞に掲載され、朝日新聞の公募で選ばれた作品とか。

それも、ほぼ一晩で、構想が出来上がったらしいので、三浦綾子さんの才能は恐るべしと思う。

 

3才の我が子が殺され、、

その時、妻は浮気中。妻を許せない夫は、

我が子を殺した犯人の娘を、そうとは知らせずに家に連れてきて、育てることにする。

二転三転するストーリーで。

 

何度も映像化されているらしいけれど、

それは理解できる、この作品を読むと映像化してみたくなるに違いなく。

 

私は、よくまあ、病弱な小間物屋の主婦が、こんなストーリーを思いついたものだと、

ずっとそればかり考えていて。

 

作者は娘さんを病気で亡くされているようで、その娘さんの名前が陽子さん。

そこから、「 氷点 」の主人公の名を陽子としたらしく。

 

決して派手な暮しはしなかった、地味にこつこつ書き続けたようで、底には強いキリストへの信仰心があったからではと。

 

三浦綾子さんファンの友人と話していて、

 

「  特別好きってことではないの、

北海道の作家さんだから、作品はだいたい読んでいる。

帰結が、キリスト、神、そこが、私にはちょっと、、。」

 

私がそのように言うと、友人は顔を真っ赤にして、ぺらぺら、かっかっと、論じ続けて。

 

好きって、すごいことだと思う。

 

芸能人の追っかけさんも、仕事を休んでも行くわけだから。遠路はるばる。

 

人を変えてしまうかも。

 

でも、でもです、好きって恐いことでも。

一生、陰の人で良い、、愛人で良いのと、

出会った時には、すでにその人には妻がいて、それでも、好きは好きらしく、

だから激しく燃えるらしくて。

 

その人の大きな家の近くの、古いアパートに住む人。

 

いくら、やめたら、、もういいんじゃない?

そう言っても、好きなのよと。

 

好きって感情は恐ろしい。

 

 

 

イメージ違い


f:id:enaena38:20181207111700j:image

 

ガーランドを飾る。

 

イメージが違うなぁという思いは、現実の人やモノでは、私はあまり無い。

おおよそ、イメージと同じ。

実際に見て、さわって、人ならば話もするから、声の感じや着ている洋服などでも、どのようなタイプの人かなとイメージして、そのイメージした感じは、だいたいその人の後々にも、一致する。

 

インターネット上だけで、見たものを買うと、イメージとは違ったということはあるだろうし、人についても、実体を知らないのだから、あるだろうとは思う。

 

先週のこと、ちょうど1週間前の金曜日に、友人から

「醗酵ぬかどこ」を頂いた。

無印良品のもので、とても人気のあるものとか。袋入りで、水などを混ぜることもなく、

野菜をその袋に入れさえすれば漬かるらしい。

 

友人は俗に云う 「ムジラー」 さんではなく、

社員さんで。

宅急便で、カレーやパンツ(下着のパンツ)などと一緒に送ってくれた。

 

醗酵ぬかどこについては、食べてみて感想を教えてねと。

 

 

今朝、それであせってしまった。

1週間過ぎているのに、手をつけていない。

糠漬けは、一日で漬かってしまうのだから。

今朝、人参とキャベツを切って、袋入りの

醗酵ぬかどこに入れて冷蔵庫に。

 

 

送ってくれた友人は、私は漬け物をつけたことなどなく、糠漬けなどは特に、毎日かき回したりしなければならないのだから、未経験だろうと考えていたらしい。

彼女の私のイメージは、漬け物を知らない人と思っていたらしい。

 

我が家は、老人といわれる年代の人もいて、

元々がこちらの人間ではないので、糠漬けの種を実家から持ってきて、それをずっと大事に育ててきて食べているので、私もたまには糠床をいじるし、糠漬けは大好き。

そもそもが、糠漬けに限らず、味噌漬けもからし漬けも、キムチも沢庵も、なんでも食べるし大好き。

 

そんな話を電話で糠床を送ってくれた友人と話すと、もう、本当に、びっくりしていて。

「ほんとう?!」

「そうなの?!」

「 信じられない!!」

 

彼女はいったいどんなイメージで私を見ていたのかと、こちらの方が驚いてしまい。

 

それにしても、カレーもなにやら、沢山の種類があるようで、無印良品さん、頑張ってますね。

 

ユニクロさんに勤めている友人もいて、

二人の話を合算すると、

どんどん安くて良いものが、作られているようで、、コートにうん万円、バッグにうん十万円、靴にうん万円、、。

無駄に思えてきた。

安くて、機能的が一番なのだから。

 

ちなみに、「 醗酵ぬかどこ 」は、冷蔵庫に入れておくらしい。また、毎日かき回したりはしなくて良いらしい。

良いことづくめではないか。人気があるというのもうなづける。

ひとつだけ、ひっかかるのは、足す糠は、一般のものではなく、良品のものを使って下さいとなっていること。

 

今日は夕食時に食べてみようと。そして、感想を知らせなきゃ。

 

昨夜の天気予報では、今朝は大雪になっているはずが、ちっともだった。

 

ただ、気温がずっと1週間あまりは、氷点下が続くので、根雪になるだろうと。

クリスマスに雪があるのだろうかと心配していた人もいたけれど、雪はありそうな気配で。  雪がなくてもサンタさんは来るのは何故かなど、雪のない土地のお母さんは、なんと答えているのだろうか。

 


f:id:enaena38:20181207115855j:image


f:id:enaena38:20181207115911j:image

 

小さなクリスマスツリーも飾って。

 

一年がもうすぐ終るのだなぁと。

 

寒いので、お昼は、カレーうどんを食べに行きたい。