傍目八目

日々の思いをつらつらと

台風去って、お盆休みも終わり・・・


f:id:enaena38:20190817211856j:image

 

荒れた天気の中、お墓参りツアーも無事終了し。今日は、お天気も回復して、少し夏に戻ったような。

 

お盆が過ぎると、風はすうっーと、秋風に変わる。夕方は涼しいより寒い感じ。

 


f:id:enaena38:20190817212207j:image

 

今年初のとうもろこしご飯を昨夜食べた。

🌽とうもろこしの芯も入れるのがコツとか。

塩と料理酒と仕上げにバター。

我が家では作る人によって、仕上げにバターだけのものと、醤油をちょっと入れるものと。

 

内蓋付きの土鍋で炊くので、20分弱で炊き上がる。ちょっとオコゲも出来て、私の大好物。

 


f:id:enaena38:20190817212919j:image

東山魁夷さんの作品が、お菓子屋さんの壁に展示してあって。

青ベースの作品が多い東山魁夷さんですが、暖色の作品も良いですね。


f:id:enaena38:20190817212946j:image

 

私が真似をすると、

 


f:id:enaena38:20190817213354j:image

こんな感じ。

 

人が集まると、手土産のお菓子も沢山で。


f:id:enaena38:20190817214039j:image

 


f:id:enaena38:20190817214126j:image

銀座空也さんの、小さなどら焼が美味しかったのですが、


f:id:enaena38:20190817214220j:image

あんこは豆のジャム・・・確かに、そうですね。


f:id:enaena38:20190817214419j:image

世界へ日本の和菓子を!!

あんこはジャムの発想が、素晴らしいです。

 

 

 

🥀🥀🥀

 

谷川俊太郎さんの詩、、引用

 

 

谷川俊太郎
『六十ニのソネット』より

37

私は私の中へ帰ってゆく
誰もいない
何処から来たのか?
私の生まれは限りない

私は光のように遍在したい
だがそれは不遜なねがいなのだ
私の愛はいつも歌のように捨てられる
小さな風になることさえかなわずに

生き続けていると
やがて愛に気づく
郷愁のように送り所のない愛に………

人はそれを費ってしまわねばならない
歌にして 汗にして
あるいはもっとちがった形の愛にして

 

 

作者が20代の初め頃に書かれた詩です。

すでに、完璧な詩人ですね。

 

「費ってしまわねばならない」

 

そうです。  

 

人生を20代初めで、すでに読んでいますね。

才ある人というのは、若い内にキラメキをみせているものですね.。

 

そのキラメキに周囲が気づき、本人も気づくと

花が咲くのですね。

 

 

 

 

 

 

良い歌詞


f:id:enaena38:20190813231332j:image

 

 中島みゆきさんの「誕生」という曲を、友人宅で聴きました。

 

歌詞が抜群です。一部抜粋。

 

 

……………………………

     ・

     ・

     ・

振り返る暇もなく時は流れて
帰りたい場所がまたひとつずつ消えてゆく

すがりたい誰かを失うたびに
誰かを守りたい私になるの

わかれゆく季節を数えながら
わかれゆく命を数えながら
祈りながら嘆きながらとうに愛を知っている

忘れない言葉はだれでもひとつ
たとえサヨナラでも愛してる意味

      ・

      ・

      ・ 

………………………

 

季節は流れてゆくのですね。

 

年を重ねると、別れなければならない人が増え、送る人も増えてしまう。

それが自然の摂理。

 

そうして、別れて、送って、

人は強くなるのですね。

 

中島みゆきさんの「糸」という曲の詩が好きで、友人と歌詞の良さを話していて、

 

「誕生」を教えてもらいました。

 

一人生きる強さを感じる歌詞です。

 

 

 

 

台風、、、荒れないでと願いますが、。

 

 

坂本龍馬の子孫


f:id:enaena38:20190810205837j:image

坂本直行さんの植物の絵は、北海道の菓子屋、六花亭の包装紙になり、現在では、包装紙、紙袋、マスキングテープ、メモ帳、クリアファイル、エプロン、各種菓子の箱や缶などに使われていて、六花亭と坂本直行さんの絵は切り離されなくなっている。

 

札幌本店の店舗では、ギャラリーやカフェ、コンサートホールなどもあり、北海道の文化に積極的に貢献している企業の代表。

 

坂本直行さんは、北海道大学卒の山岳画家。

函館にも坂本龍馬の資料館があり、そこでも坂本直行さんの使っていた品々の展示を見た記憶があり。

坂本直行さんのお祖父さんが、坂本龍馬の甥にあたるとか。

 

直行さんは、坂本龍馬の末裔になる。

 

北大を卒業して役所に勤務するも、自由に山々を歩き絵を描く道を生きたとなれば、やはり、

竜馬の血が濃いなぁと感じる。

 


f:id:enaena38:20190810211512j:image


f:id:enaena38:20190810211530j:image


f:id:enaena38:20190810211544j:image

 


f:id:enaena38:20190810211611j:image


f:id:enaena38:20190810211637j:image

 

私は六花亭の菓子も好きだけれど、ここの包装紙のデザインが好きで、マスキングテープやメモ帳なども使っている。

 

札幌本店の1階には、ビルの谷間に、十勝の六花の森を模して、花や木を配した庭がある。

 


f:id:enaena38:20190810212011j:image

 


f:id:enaena38:20190810212032j:image

 


f:id:enaena38:20190810212053j:image

 

今年は、北海道十勝が観光客に人気。

NHKの朝の連ドラが十勝が舞台で、お菓子屋さんが登場するようで、、どうも、それは六花亭ではないかとも。

「柳月」ではという人もいるので、どちらがモデルかははっきり知らないけれど、

 

どちらにしても、北海道の十勝は、牛乳や小麦粉、小豆などが豊富なので、お菓子作りには適していたのだろう。

 

今日は、ギャラリーをのぞいてきて、やっぱり、坂本直行さんの植物画はいいなぁと。

 


f:id:enaena38:20190810212637j:image

絵文字ーEmoji


f:id:enaena38:20190809084251j:image

 


 絵文字は日本が発祥。いまではEmoji
として世界中で認知されている。

私はあまり絵文字は使わなかった。というより、全く使わなかった。

仕事上では一切使わなかった。
メールであっても、絵文字を当たり前に入れてくると、余り良い気持ちはしなかった。

ところが、社内の女性で、ほとんど絵文字だけでメールを送ってくる人がいて、意識改革をさせられてしまった。

 

『🌄 。🧒が😷🤧 で🏥💉 へ。
🚙 🏢。遅れます。』

『おはようございます、息子が風邪で、病院に治療に行きます、車で息子を学校に送り、それから会社へ。遅刻になります。』

そんな意味だろうか。


🍃🍃🍃 🍂🍂🍂 🌿🌿 🍁🍁🍁


☕☕☕ 🍜🍜🍜 🍴🍝🍴🍝

🏧🏧 🚻🏫🚻🏫 🏣🏣 🌷や

🥀や ☹️☹️ ✈️✈️ 🚇🚇 🚎🚎


普段使う頻度の高いものを、スマホに登録してあるのだろうけれど、

現在は、その人からのメールは、絵文字だけで、理解できて、なかなか合理的だなと思うようになっている。

言葉より、視覚に訴えてくるので、一瞬で言わんとしていることが理解できる。

朝夕、地下鉄の中では、ほとんどの人達がスマホを眺めていて。

ゲームをしているかマンガを読んでいる。
ニュースを軽く流し読みしている人も。私も、それ。た、た、たーとニュースチェック。

 

視覚に訴える工夫がネットニュース速報などでも、担当者は苦慮していると聞く。
ぱっと見て、さぁ!読もうと感じるように。

言葉以前の問題だろうと思う。
キャッチコピーで引っ張る時代は終わりつつある。騙されないのだ。

キャッチコピーで文章を読ませようとするのは、私的には、ダサいと思う。
詐欺みたいなもの。

 

それならば、視覚に訴え得るものをとも思う。それも自分で作ってこそ。
人様が作ったものを借りてというのは、私的にはバツ

 

絵文字メールの彼女は、若い頃にインドやネパールや、東南アジアの各地を一人で周り、
英語ではうまく通じない場面では、
手帳にさっとイラストを描いて会話をした経験があるらしく。


絵文字はいいなぁと、信奉しているとか。そこの国の言葉が苦手でも、絵文字であれば、おおよそは通じる。
絵の力、彼女は絵描きさんでもなく、イラストレーターさんでもないけれど、どんなものもささっとスケッチする。手慣れていて上手い。

仕事はまるで違い、ハードで生真面目で難しい職種で。


絵文字のメールは、自身が楽しんで使ってもいるようで、少しずつ、変化しつつ、使い方のレベルが上がっている。


二人のお子さんがいて、下のお子さんは、ママ似のようで、プログラミングに興味大で、絵文字も自分で作るとか。

 

今は、十代から才能を開花させる子供が多く、楽しみでもあり、私達も、もたもたしていられないなぁとも。

調べると、絵文字については各種アプリもあり、自分で作れるアプリもある。

絵文字を作って、アプリ上で販売しているものも。

絵文字は文字でありながら、あくまでも絵なので、アプリごとに絵の雰囲気がまるっきり違うので、自分好みのアプリをインストールして使ってみるのもよい。


私は遅ればせながら、少しばかり、絵文字にはまりつつある。


⚓⚓ 🚒🚒 📚📚 🥀🥀 🍏🍏
⛸️⛸️ 🍓🍓 🍰🍰 ☕☕ 🍺🍺
✂️✂️ ☎️☎️ 🖥️🖥️ 🖌️🖌️ ⛩️⛩️


可愛い、、、とっても可愛い。

🚌🚙🚗🚖🚑🚓🚘🏎️🚍🚔♿🚎🚐

車だけでも、私のスマホに内蔵されているだけでも、こんなにある。

絵文字は日本の文化、、なかなかやりますね。



☂️☂️☂️


今日は雨降り。涼しいです。

シャンプーについて

 
f:id:enaena38:20190803231329j:image

 

暑い日が続き、夏バテ気味の人も多いはずですが。

 

ご近所では、午後7時過ぎくらいから、庭で焼き肉、バーベキュー、ジンギスカンを食べる家が増えて、、暑くて、キッチンで火を使っての食事の支度を避けているのかなとも。

夏休み期間なので、子供達が帰省してきている家も多いはずで。

 

猛暑が続く中、夕方、肉が焼ける匂いを嗅ぎながらの帰宅となり。

 

例年、猛暑日というのは約1週間で終わるはずが、今年は終わらない。まだしばらく続く予報で。

ここまで続くと、あまり汗をかかない、いつも涼しげと言われる私も、

 

暑いのはもういいなぁ、そろそろ平均気温に戻ってよとなる。

食欲が落ちてくるのは危険信号で、私は努めて、食べるようにはしているけれど。

 

花々も、心なしか元気がない。

水分不足が、花を早く枯れさせる。

 

🥀🥀🥀🥀🥀

 

 

ところで、シャンプー。

家族が多く、泊まり客も多いとなると、

シャンプーやリンスやボディソープ、石鹸などは、色々なメーカー、種類も多種類、ある程度は揃えてある。

家族もそれぞれが好みがあるので、自分のものは少なくなれば、自身で補充するようになっていて。

 

たまたま、今日、私のシャンプーが無くなっていた。うっかりしていたのは私なのだけれど、

祖母(90代)が、

 

「昔はシャンプーなどなかった、、石鹸で髪も洗った、、そんなに、シャンプーにこだわらなくてもいいんじゃない?」

 

のような事を言い出し。

シャンプーは戦後らしい。売られるようになったのは。

 

昔は、家にお風呂が無く、銭湯に行く家も多かったらしく、

家に小さくてもお風呂が当たり前になった頃からシャンプーが販売されるようになったとか。

また、今のように毎日洗髪する習慣はなかったとか。

 

祖母の話なので、そうなの、そうなのと頷いてはいても、半信半疑で。

 

毎日洗わないとは、まさか、今のように暑い時期だったら、なんだか、嫌だなぁとも感じる。

花王さんの洗髪の歴史というサイトをみつけたので、以下引用ですが。

祖母の話は、まま正しいようで。

 

 

🥀🥀🥀

 

洗髪頻度が高くなり始めたのは、日本では戦後です。
平安時代 年1回ほど
・江戸時代 月1~2回(最も高頻度な江戸の女性で)
・昭和戦後 月1~2回
・昭和30年頃 1回/5日
・1980年代 2~3回/週
・1990年代半ば ほぼ毎日(10-20代女性)
・2015年 ほぼ毎日(10-50代女性)


以前は、「とかす」ことが頭皮ケアだった
昭和の戦後(1950年)頃まで、洗髪頻度は平均月1-2回。

洗髪頻度が週2-3回になるまではどうしていたでしょうか?

クシやブラシでとかすことで対処していたと考えられます。
とかして髪の汚れを落とし、毛流れを整え結うなどしてまとめる以外に、頭皮の皮脂を積極的に毛髪に移して脂肪酸などに変質するのを抑え、頭皮への刺激やニオイを軽減する効果があったと考えられます。

とかすことではニオイは完全には抑えられず、御香を使ってニオイ消しをしていたという記述が古くから見られます。
髪に移した皮脂は髪を整え束ねるのにも活用されていました。

クシ通りやまとまりを良くしたり髷を結ったりするためには、さらに椿油などの液状の油や固形の油が使われました。

洗髪頻度が低い時代は、束ねてまとめたり髪油を使って結い上げる髪型が主流でした。

束ねずにいると、汚れていて、髪の感触が悪かったり、毛流れがバラバラに乱れてまとまらなかったのではないかと想像されます。

髪を束ねないさらさらスタイルが主流になったのは、洗髪頻度が高くなり、お手入れ方法が変化したごく最近のことといえます。
内風呂の普及と液体シャンプーの登場で、洗髪頻度向上

家庭への風呂の普及

随分長い間、月1~2回以下だった洗髪頻度が高くなった背景のひとつとして、内風呂が普及したことが大きく影響していると考えられます。
・1945-59年 銭湯全盛
・1960年代 日本住宅公団発足し風呂付住宅が普及
・1968年 内風呂率7割以上
・1979年 給湯器付き風呂釜誕生
・1980年代 洗面化粧台登場

シャンプーの登場

明治時代までは、皮脂や髪油といった油性の汚れを落とすために粘土や火山灰、洗い上がりの感触を良くするためにふのり・卵白などが使われました。
大正から昭和初期にかけて、髪洗い粉(白土・粉石けん・炭酸ソーダなどを配合したもの)が出回り、1930年代に、安定した性能と品質の固形石けんが発売され、1955年粉末シャンプー、1960年液体シャンプーが発売されて普及し、現在に至っています。
洗髪頻度がまだ週1回程度だった頃の関心は、「フケ・かゆみ」防止で、洗浄機能に加えて、フケ・かゆみ防止効果成分として、消炎剤や抗菌剤が配合されるようになりました。

         

 

           🥀🥀🥀🥀🥀

 

こんな風に見てみると、毎日、毎日、髪を洗うのは確かに清潔ではあるのでしょうが、

もしかすると、髪そのものの質は、悪くなっているのかなとも。

 

随分と美容室通いして、髪の手入れをしているような女性で、30代後半であっても、まるで藁のような哀れな髪の人を目にします。

 

カラーリング、パーマネント、そして、毎日、毎日の洗髪が、髪を抜けさせ、髪質を藁のようにしてしまうとも考えられもします。

 

私はナチュラル主義なので、今までにカラーリングやパーマなど、一度も施していません。

それでも、毎日、毎日、シャンプーは当然で。

 

習慣化しています。ただ、昔は、そんなに洗わなかったという話を聞くと、なぜか少し考えてしまいます。

災害があった時などは、お風呂に入れない、洗髪出来ないことが非常に強いストレスを誘発するのですから。

習慣というのも、怖いものです。

 

 

なんであろうと、過剰にならないように。

清潔も、異常な清潔になってしまうと、それは少し問題ありになってしまいかねません。

 

 

この時間になり、気温がぐっと下がったようで、、窓を開けると、風が。

ぬるくも、爽やかな風が。

森雪之丞さんの詩、、いいなぁ!


f:id:enaena38:20190727233833j:image

 

 「迷うための地図」

きちんと辿り着くことより

なぜだか辿り着けない面白さを

本当はみんな知っているはず

 

徒歩15分の小学校へ

快速で1時間のオフィスへ

夢と涙を乗り継いで6年目の結婚へ

肺呼吸80年の天国へ

どうやって迷うか?

道草するか?

その企みが人生なら

 

さぁ意志を持って開くのだ

迷うための地図を

 

 

 

江國香織さんとの共著

「扉のかたちをした闇」より

 

 

森雪之丞さんの詩は、この本で初めて知ったのですが、とっても良い。

作詞作曲家として、リリースした楽曲は2400曲以上とか。

詩と楽曲の詞は少し趣が違います。

ヒットした曲の詞を見ると、詞が素晴らしいものが多く。

詞を書いてきた人の詩は、やはり、訴える力があるのではと。

 


f:id:enaena38:20190727235356j:image

 

やっとこの時間になって、風が出てきて涼しくなってきました。

一日中、ムシムシする暑さで、このような暑い日も、毎年1週間くらいですから、、

あと数日の辛抱。

 

同じ時間、同じ位置からの空でも・・・

 

今週のお題「空の写真」

 


f:id:enaena38:20190724223930j:image

同じ時間、同じ位置からの空模様。


f:id:enaena38:20190724224017j:image

さらに、もう一枚。


f:id:enaena38:20190724224047j:image

 

スマートフォンを変えてから、どうもスマホで撮した写真の色合いが気に入らない。

 

あまり、写真を撮さなくなった。

 

空や草花に、その色合いの不自然さが出る。

 


f:id:enaena38:20190724224337j:image

 

下の写真はAQUOSで撮ったもの。


f:id:enaena38:20190724224422j:image

以前のスマホの写真は、色合いが自然な感じがする。

 

現在はGalaxy、以前はAQUOS、その前もAQUOS

 

メーカーによって、カメラのカラーが違うのかもしれないと思いながらも、

 

写真がきれいですよ、とってもきれいです!!

担当した店員さんの言葉を鵜呑みにしたのが悪い訳で、、文句も言えず。

 


f:id:enaena38:20190724224937j:image

 

大事なシーンはデジカメで撮ることにして。

 

カメラの設定で、ホワイトバランスを調整してみたら?と言われて、いじってみたのが、

最初の3枚。

 

気分が重い時、明日こそ晴れてほしい時、夕焼けがとても美しい時、月がきれいな夜、

空を眺める。

 

無限の天空を仰ぎ見れば、気分も晴れ、人間など、しょせんはちっぽけであると気付かされ、

自分の手で実際に触れることが出来る、海や山や川や谷などの自然とは、少し違う自然であり。

 

届かぬから夢もあり、未来を予言してくれそうでもあり。

 

空写真ばかりを載せた空と詩の本も出版されているはずで。

 

空を仰ぎ見る、部屋の窓から空を見る、飛行機の中から一体化しているように感じる空を近くに見る、、どうであれ、、空はなくてはならない景色であって。


f:id:enaena38:20190724230557j:image

 

AQUOSで撮ったお気に入り写真。

 


f:id:enaena38:20190724230728j:image

 

Galaxyで撮った、夕方、東の空に見えてきた月。

 


f:id:enaena38:20190724230903j:image

 

Galaxyで撮った夕焼け写真。

どうも、赤色も派手。

 


f:id:enaena38:20190724231009j:image

 

深夜Galaxyで撮った月。

 

 

それでは、おやすみなさいませ。